日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > ホリプロは板野よりコジルリ推し!

ポスト井森美幸!? ホリプロが板野友美より小島瑠璃子を“激推し”する理由とは

kojirurri0710s.jpg『小島瑠璃子オフィシャルブログ「るりこのコト」』

 和田アキ子を筆頭に、綾瀬はるか、妻夫木聡、深田恭子、船越英一郎など多彩なタレント陣を揃える大手芸能プロダクション、ホリプロ。なかでもこのところ活躍目覚ましいのが、2009年の「第34回ホリプロスカウトキャラバン」でグランプリを獲得した小島瑠璃子だ。

 グラドルとしても活躍していたが、最近はバラエティー番組に引っ張りダコ。また、スポーツキャスターとしてTBS系『S☆1』のメーンMCも務めている。

 所属はホリプロでも、バラエティー色の強いプロダクション2部。“先輩”には小島の尊敬する元AKB48の板野友美もいる。

 その板野とは、TBSの深夜のバラエティー番組『板野パイセンっ!!』で共演しているが、番組スタッフいわく「板野さんの冠が付いていますが、小島さんの人気の方が高く、彼女のおかげて持っているようなもの」。当初、板野のバーター的な立場だった小島が、気付けば“主役”を食ってしまったというわけだ。

 別の番組関係者も「板野さんは相変わらずというか、現場でも覇気がなく、休憩中はずっとケータイをイジっています。片や小島さんは礼儀正しく、スタッフとも笑顔で言葉を交わす。何より頭の回転が速く、場の空気を読むことに長けている。各局のプロデューサーが絶賛するのもわかりますよ」と同調する。

 女優やバラエティー系のタレントを数多く抱えるホリプロだが、小島のように弁が立ち“場を仕切れる”女性タレントは希少。

「ホリプロとしては“ポスト井森美幸”として育てていきたいようです。一方、板野さんはAKBを卒業したあたりから、今後の方向性がイマイチ見えてこない。事務所としても“小島推し”のようです」(芸能プロ関係者)

 もはや小島は、板野パイセンを超えてしまったようだ。

最終更新:2014/07/11 10:00

ポスト井森美幸!? ホリプロが板野友美より小島瑠璃子を“激推し”する理由とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

近藤真彦、芸能界から消えていく?

 4月いっぱいでジャニーズ事務所を電撃退所し...…
写真
インタビュー

『バブリーダンス』創出した高校生の新価値観

和田アキ子を筆頭に、綾瀬はるか、妻夫木聡、深田恭子、船越英一郎など多彩なタレント陣を揃え...
写真