日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 柿谷バーゼル移籍は茨の道

「日本人FWが活躍できるのはドイツリーグ!?」柿谷バーゼル移籍は茨の道か

kakitani0721.jpg

「ドイツ・ブンデスリーガに移籍するものだと思っていた」

 これは、日本代表FW柿谷曜一朗の移籍に対する、サッカー関係者たちの感想である。

 7月7日、柿谷がスイスリーグ、バーゼルへ移籍することが発表された。大手メディアは「スイスの名門」「4年契約6億円」などと、まるでビッグクラブへ移籍したかのように煽っているが、実情は違う。

 柿谷は移籍に対し、「『なぜ?』と疑問を持たれる理由は分かりません。CL(編註:欧州チャンピオンズリーグ)でも戦えますし、スイスリーグ6連覇を目指していくチームに自分が入るということには何の疑問も感じない」(Goal.comより)と期待を口にするが、バーゼルに日本人が在籍していた過去を考えれば、やはり「なぜ?」と思ってしまうのは当然だろう。

 というのも、2006年、中田浩二(現鹿島アントラーズ)がバーゼルに移籍し、08年までチームに不可欠なセンターバックとして活躍を見せた。だが、欧州主要リーグへの移籍の扉は開かれなかった。つまり、スイスリーグとは、その程度のレベルなのである。

 もちろん、チャンピオンズリーグで目覚ましい活躍を見せれば別だが、バーゼル自体が基本的にグループリーグで敗退するチームである。そんなチームで、身体能力で劣る日本人が、個の力で旋風を巻き起こすのは困難である。ゆえに、中田も欧州主要リーグから移籍のオファーが来なかったのだろう。

 日本人のFW選手が実績を残しているのはドイツである。ドイツは、チームの総合力も高く、近年では組織だったチームも増えている。そのため、日本人FWに向いているリーグといえる。一方で、日本人FWに厳しいリーグなのが、セリエAだ。個の力が重視され、日本人FWで成功した選手は一人もいない。MFを入れても、中田英寿くらいである。それほどセリエAは、FWやMFの日本人選手には厳しいリーグなのである。

「柿谷も、それを分かっていたと思います。だからこそ、フィオレンティーナからのオファーは断ったのでは」(サッカー関係者)

 では、なぜバーゼルに決めたのか?


12
こんな記事も読まれています

「日本人FWが活躍できるのはドイツリーグ!?」柿谷バーゼル移籍は茨の道かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が教える「危機管理」とは

「ドイツ・ブンデスリーガに移籍するものだと思っていた」 これは、日本代表FW柿谷曜一朗の...
写真