日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > NHKが切り取る人間模様
テレビウォッチャー・てれびのスキマの「テレビ裏ガイド」第62回

ホームレス、地元を愛するヤンキー、Tバック男……『ドキュメント72時間』が切り取る人生の一瞬

72h.jpg『ドキュメント72時間 』NHK

 かなり際どいTバックの水着を履いた男がNHKの画面いっぱいに映し出された。ナレーションのピエール瀧も「ちょっと、ちょっと……!」とツッコむほど、お尻と違和感丸出し。

 男は、40歳代の精密機械関係の研究職だという。

「あんまり視線は感じないですけどね。みんな見て見ぬふりをしているのかもしれないですけど」

 と、こともなげにインタビューに答え、「泳ぎやすいから」と言い残し、湘南の海の中に入っていった。
 
 7月18日に放送された『ドキュメント72時間』(NHK総合)は「湘南・海を見つめる理由」と題して、海開きまでまだ1カ月近くある6月初めの湘南の海岸に密着していた。この番組は毎回、ある一カ所に3日間、即ち72時間密着し、そこを訪れる人々を定点観測するという趣向のドキュメント番組である。2006年からレギュラー放送が始まり、一時中断を挟みながらも、「湘南」の回で50回目を迎えた。

「寝るのよ。ここで朝日を見るの」

と、海岸を訪れた理由を語るのは、50歳代の建築業の男性。驚く取材スタッフに「何よ、何よ? 普通じゃん!」と、人懐っこい表情で笑う。ただひたすら酒を飲んで夜を過ごし、朝日を待ち、海で出会った人との思い出をノートにつづっていくのだという。

「ここにいるだけで十分だって。あちこち旅行に行く必要なんてねえよ、湘南最高!」

 彼は女性から縛られるのが嫌で、二度の離婚を経験。「寂しくないですか?」と問われると「いや、いいよ。海があれば」と笑って、また酒をグビッと飲むのだった。夜明け前、スタッフが再びその男性のもとへ行くと、彼は熟睡していた。「朝日見なくていいんですか?」と声をかけるスタッフに、目を覚ます男。

「大丈夫だ、寝る」

 と朝日には目もくれず、また目を閉じるのだった。

 スーツ姿の若者も、砂浜で海を眺めていた。聞けば、会社でいろいろあり、悩んでいるのだという。

「今日はちょっと現実逃避」

 行き場もなく、そこにたどり着いた。空と海と砂しかないこの海岸に、さまざまな人がそれぞれの思いを抱えて行き交う。それを番組は静かなトーンで克明に映し出していく。

 これまでも「東京駅高速バスターミナル」「銀座の宝くじ売り場」「上野アメ横のまんが喫茶」「フェリー」「すすきのの24時間にぎりめし屋」「大阪・西成の貸しロッカー」「鶯谷の大衆食堂」など多種多様な場所を定点観測してきたこの番組。同じ場所を72時間撮り続けるのが基本だが、少し変わり種もある。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『オッペンハイマー』を圧倒した『変な家』

 3月15日に公開された間宮祥太朗と佐藤二朗...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真