日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 寺脇主演ドラマは不調の原因は…

寺脇康文『ラスト・ドクター』不調の原因は、『相棒』で干された影響だった!?

terawaki0805.jpg『ラスト・ドクター ~監察医アキタの検死報告~』:テレビ東京

 俳優の寺脇康文が主演するテレビ東京系ドラマ『ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~』。

「初回が7%で、5.8%、7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、このままでは2ケタに届く様子はありませんね。同クールでは、テレビ朝日でも監察医が主人公のドラマ『ゼロの真実 監察医・松本真央」が放送され、こちらは13.1%、10.4%、8.9%と平均2ケタを維持しています。やはり、寺脇さんには荷が重かったのかもしれません」(テレビ東京関係者)


 高視聴率を記録した『三匹のおっさん ~正義の味方、見参!!~』が放送された「金曜8時のドラマ」枠で放送される作品だけに、通常のドラマよりも期待値は高い。

「寺脇さん自身、連ドラ主演は4年ぶりですからね。今も話題作の映画『超高速!参勤交代』に出演していますが、あくまでも“脇役”。あまり主演というタイプではないのかもしれません」(ドラマスタッフ)

 実際に撮影現場でも、主演らしからぬ態度を取っているという。

「普通は、主演が高い目標を持ってみんなを引っ張っていくのですが、寺脇さんは人がいいのか、ものすごく優しいんです。なので、ピリピリした雰囲気はなく、アットホームなんですが、悪くいえば場が締まらないダラダラとした雰囲気になっています。脚本や演出、共演者の演技にもなんの注文もつけないのですが、あまりにも淡々としているので、現場からは『もう少し熱が欲しいよね』という声も。おそらく、熱く語った結果『相棒』で干されたので、その二の舞いを避けたいのかもしれませんが、それであれば主演はもう引き受けないほうがいいかもしれませんね。実際、この結果だとオファーもなさそうですが……」(同)

 寺脇の“ラスト・主演”となってしまうのだろうか?

最終更新:2014/08/05 10:00
こんな記事も読まれています

寺脇康文『ラスト・ドクター』不調の原因は、『相棒』で干された影響だった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

WWEレスラーの自伝映画

 プロレス好きなら見逃せない、最高にご機嫌...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太”異色”対談

俳優の寺脇康文が主演するテレビ東京系ドラマ『ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~』...
写真