日刊サイゾー トップ > 芸能  > アムロ独立騒動の真相

独立潰しのためにリーク? 突如降って湧いた“歌姫”安室奈美恵・独立報道の怪

amuro_namie0808.jpg

 “歌姫”安室奈美恵が22年間にわたって専属契約を結んできた大手芸能事務所「株式会社ライジング・プロ」から独立しようとしていることが、6日発行の「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた。


 同社の平哲夫社長は、20年以上前に沖縄で、小学生だった安室を見いだし、スターに育て上げた。だが今年5月に、安室が突如、平社長に「独立したい」「これでは奴隷契約だ」などと直訴したという。

「ギャラの取り分に納得がいかないようです。90年代に小室哲哉氏と組んで大ブレークした時は平社長の“仕掛け”ですが、アメリカのR&B歌手に倣った今のスタイルは、すべて安室のセルフプロデュース。事務所にギャラを持っていかれるのが許せなかったのでしょう」(音楽関係者)

 同誌によれば、“独立劇”の裏には、安室が信頼を置く50代の音楽プロモーター・X氏の存在があるという。

 スポーツ紙記者は「安室はそれまで平社長と同じマンションに住んでいたのですが、数年前にX氏と同じマンションに引っ越した。彼女はわかりやすい性格で、その時に頼る男性の元に転がり込む(笑)。X氏との関係はマスコミの間では有名で、複数の写真週刊誌がツーショットを撮っていますが、年齢が離れているため『男女の関係ではなく、仕事仲間では?』という結論だった」と明かす。

 7日発売の「女性セブン」(小学館)はX氏とのツーショットを掲載し、“恋仲”であることを疑っているが……。それにしても、なぜこのタイミングで独立劇が相次いで詳報されたのか?

 舞台裏を知る関係者は「文春と女性セブンで同時出しという周到さを見る限り、事務所サイドの人間が意図的にリークしたのでしょう。独立そのものを握り潰そうとしたのでは? 逆を言えば、週刊誌にリークしないと、どうにもならないところまで来ていたということ。安室の事務所不信は相当で、今後のコンサートツアーにも影響を及ぼしそうです」と話す。

 “タダ券”をばらまいてコンサート会場を埋める歌手が多い中、安室のチケットは業界内でも最も入手しづらいといわれている。ファンのためにも円満解決を願いたいが……。

最終更新:2014/08/08 08:00
こんな記事も読まれています

独立潰しのためにリーク? 突如降って湧いた“歌姫”安室奈美恵・独立報道の怪のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

電気グルーヴ騒動を斬る!

 今年3月、コカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された電気グルーヴのピエ...…
写真