日刊サイゾー トップ > 芸能  > 暴露されたASKAの濃厚SEX

避妊薬常用まで! 栩内香澄美被告が法廷でASKAとの“濃厚セックス”を赤裸々証言した理由

aska100501.jpg週刊文春が報じた「シャブ&飛鳥」の衝撃【文春e-Books】

「あまりの生々しさに、法廷は騒然となりました。男性記者の一部は閉廷後“エロすぎだろ”と大興奮でした(笑)」

 そう明かすのは、芸能リポーターの女性だ。覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けたASKAと愛人関係にあった栩内内香澄美被告の第3回公判が2日、東京地裁で開かれ、生々しい“中出しセックス”の中身が赤裸々に語られた。

 この日の焦点は、同被告から出た覚せい剤の陽性反応が、ASKAの体液によるものか否か、だ。検察側は尿検査を担当した科学捜査研究所の男性職員を証人出廷させ「精液に混入する覚せい剤成分はごく微量で、仮に混入していても検査で陽性反応を示すことはない」と証言。あくまで同被告が自発的に薬物を摂取していたと断じた。

 対する弁護側は、逮捕された5月17日の2人の行動を詳細に説明。自ら「大酒飲み」と自認する栩内被告は、前日16日の夕方から17時午前2時まで飲み会に参加し、その後、突然訪問してきたASKAと酩酊状態のなか“関係”を持った。

 傍聴した男性記者は「てっきり彼女のベッドでプレイするのかと思いきや、リビングのテーブルを片付け、マットレスを2枚重ね、その上にバスタオルを敷いた簡易ベッドで毎回行っていたそうです。風俗店か! と思わず突っ込んでしまいましたよ」と笑う。

 性行為中、多量の汗をかくASKAのためにエアコンの温度は常時18~20℃に設定。栩内被告はシャワーを浴びたが、ASKAはそのままの状態でプレイに突入したという。

 約2時間の行為では「上にいる彼の汗が私の顔に滴り落ちました。私の髪の毛は濡れ、頭皮に染み込むほどでした」と、かなり激しかった様子もうかがわせた。

 フィニッシュは膣内への“中出し”。誰もが唖然とするなか、同被告は「避妊はしたことありません。(避妊薬の)ピルをいつも飲んでいます」と平然と言ってのけた。

12

避妊薬常用まで! 栩内香澄美被告が法廷でASKAとの“濃厚セックス”を赤裸々証言した理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

切磋琢磨しない芸人像はリアルなのか?

お笑いブームがいよいよ極まってきている。ただ...…
写真
インタビュー

『神カル』新型コロナに打ち勝つ“唯一の道”

「あまりの生々しさに、法廷は騒然となりました。男性記者の一部は閉廷後“エロすぎだろ”と大...
写真