日刊サイゾー トップ > 芸能  > 華原朋美の“竹田ネタ”に辟易

「ネタの応酬……」華原朋美と竹田恒泰氏の“熱愛騒動”喜んでいるのは芸能マスコミだけ

kahara_memories_2s.jpg『MEMORIES 2』ユニバーサル ミュージック

 歌手の華原朋美が5日、NHKホールで9年ぶりとなる全国ツアーの東京公演を開催。リリースされたばかりのカバーアルバム『MEMORIES 2』(ユニバーサル ミュージック)の収録曲を熱唱した。2012年の芸能界復帰以来、以前と変わらぬ美声でファンを魅了しているものの、この日も明治天皇の玄孫(やしゃご)で学者の竹田恒泰氏と自身に関する話題をネタに、報道陣の笑いを誘う始末。朋ちゃんの“ネタの応酬”に音楽関係者の間では、シラケムードが漂っている。

 今年3月にカバーアルバム第1弾をリリースし、その後、秋からのコンサートにこぎつけた華原。一方、プライベートでは昨年、竹田氏との熱愛が一部で報じられた。その後、竹田氏には元AKB48でタレントの畑山亜梨紗と二股交際疑惑まで浮上した。

「その畑山とも先日、竹田氏は破局を宣言。一方、畑山は詳細を語らない意味不明な会見を開くなど、半ば売名行為だとツッコまれかねない対応をしていた」(在京ワイドショースタッフ)。

 歌手でタレント性もある華原について、周囲では「ヘンなスキャンダルに首をツッコむな!」と騒動に触れないよう、警鐘を鳴らす者も多いというが……。

「もともと、愛知で講演会があったそうでコンサートに来れない竹田氏は『楽屋に花を贈る!』と華原に連絡したそうですが、結局届かず。それに対し『(竹田氏は)本当の詐欺師! よく分かんない』と笑い飛ばしました」(同)

 もはや「どうでもいいネタの応酬」に、華原が乗ってしまった形。

「こうしてネタに乗ってしまうと、結局スキャンダラスなイメージは、いつまでたっても拭えない。それも朋ちゃんらしいといえばそれまでなのですが、これで喜んでいるのは芸能マスコミだけ(笑)。それでCDが売れるワケじゃないし、ファンも音楽関係者も、誰も得をしません」(音楽関係者)

 とはいえ、芸能記者にとっては「うま味のあるタレント・朋ちゃん」をいつまでも続けてほしいものだ。

最終更新:2014/10/06 21:00

「ネタの応酬……」華原朋美と竹田恒泰氏の“熱愛騒動”喜んでいるのは芸能マスコミだけのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

『パラサイト』に瓜田純士は辛口

歌手の華原朋美が5日、NHKホールで9年ぶりとなる全国ツアーの東京公演を開催。リリースさ...
写真