日刊サイゾー トップ > 芸能  > JYJ兵役前ラストコンサートが暗礁

K-POP・JYJの兵役前ラストコンサートが暗礁に……「T-ARA“チケット詐欺”騒動の再来か」

jyj1008.jpgJYJ JAPAN OFFICIAL WEB SITEより

 韓国では、男性は29歳の誕生日を迎えるまでに兵役の義務があるが、それは芸能人やスポーツ選手なども例外ではない。特にK-POPアイドルにとって、軍へ入隊するまでの1年間は、アルバムの発売やコンサートツアーなど格好の“稼ぎ時”となる。

 JYJもメンバーの年内入隊がささやかれているのだが、いまだに日本公演のスケジュールが明らかにされていない。JYJの日本での人気、兵役前の“最後のコンサート”であることなどを考えれば、大々的にツアーを行わないはずはないのだが……。そんな中、女性週刊誌「女性自身」(光文社)が、日本で開催予定だったJYJの“10大ドーム公演”の計画が、すべてキャンセルされていたと報じている。


 同誌によると、8~10月に東京、名古屋、大阪、福岡の4大ドームを回る計10公演が予定されており、1年前から会場も押さえていたのにもかかわらず、すべての日程が突然キャンセルされたのだという。理由として、JYJの所属事務所C-JeSと今まで日本公演を担当してきた会社との仲が決裂してしまったことが挙げられている。

「公演を担当してきたのは、複数の日本企業なのですが、金銭的に折り合いがつかなかったそう。また、C-JeSとしてはツアーの運営を自分たちで仕切りたかったという思惑もあったようですね」(韓流エンタメ誌編集者)

 これまでJYJの日本公演の運営を仕切ってきた日本企業の仕事ぶりは非常に評判が良かったそうなのだが、C-JeSは別の日本企業と組んで日本ツアーの準備を進めているという。

「10~11月に国内の複数のドーム球場での開催を計画しているらしいのですが、会場の確保なども含め、スケジュール的に厳しいでしょうね。何よりも心配なのは、C-JeSが中心となって仕切るという点。興行ビジネスが未熟な韓国の芸能プロダクションに、円滑な運営ができるとは思えません。最終的には安い金額で契約した日本の業者に丸投げする形になるのでしょうが、いろんな問題がこれから出てくるのでは。“チケット詐欺”問題で揺れるT-ARAのようなケースに陥らなければいいのですが……」(同)

 K-POPガールズグループT-ARAは、日本でコンサートツアーの開催を予定していたが、チケットを発売していたのにもかかわらず、全日程で会場が確保されていなかった上、主催者側も行方をくらましている。現時点ではコンサートの実現が危ぶまれており、チケット詐欺と言っていい状況なのだ。

「このツアーはT-ARAの日本での所属事務所はまったく関わっておらず、韓国の所属事務所コアコンテンツ・メディア(CCM)主導で計画されたもの。主催した業者は、これまでにも同様の問題を起こしている“札つき”の会社なんです。そうした業者であるにもかかわらず、CCMが安易に選定して運営を丸投げしたことが、今回の騒動の原因だとみられています。同じことがJYJにも起こらないとは限りません」(同)

 日本で絶大な人気を誇るJYJだけに、ファンも兵役前の“ラストコンサート”は大いに楽しみにしているはず。そんなファンの期待を裏切らないよう、JYJには“有終の美”を飾ってほしいものだ。

最終更新:2014/10/08 12:00
こんな記事も読まれています

K-POP・JYJの兵役前ラストコンサートが暗礁に……「T-ARA“チケット詐欺”騒動の再来か」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

さらば青春の光、コントの極みへ

韓国では、男性は29歳の誕生日を迎えるまでに兵役の義務があるが、それは芸能人やスポーツ選...
写真