日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 成功率70パーセント!AV監督のりとんがナンパの極意を伝授「7分で女の子を裸にできます!」

成功率70パーセント!AV監督のりとんがナンパの極意を伝授「7分で女の子を裸にできます!」

noriton_1009.jpg

 「東京ティンティン+(SODグループ)」の“のりとん”こと本田教仁監督は『本物の素人ナンパ以外、撮影しておりません』シリーズなどで知られるナンパものAVを専門に手がけるAV監督。昨今のナンパものにありがちな“やらせ臭”に我慢がならないと「アンチMM号」と名付けられたキャンピングカーで東日本の各市街地に乗り付け、本物の素人さんばかりを使った“ガチ”なナンパAVを撮り続けている。

 ナンパのテクニックも秀逸で、成功率は驚異の70パーセント、3人に2人は落として裸にできるというから驚きだ。今回はそんな“のりとん”監督にインタビュー。監督秘伝のナンパ術について話を伺ってきた。

──AV業界では暗黙の了解で、やらせが前提というナンパもの。監督はそれに異を唱え、本物にこだわったナンパAVを撮っていると聞きました。

のりとん監督 そうです。本物の素人の子が脱ぐっていうね。ま、当たり前のことなんですけどね。よそが作っているようないかにも作られた感じのナンパAVが心から面白くないなと思っていて、本物の素人さんを実際にナンパしてガチなナンパAVを作っています。

──街頭に立って、素人の子をナンパして、AVに出演させるって大変じゃないですか?

のりとん監督 きちんとした方法論があるんですよ。ナンパものAVというのはナンパ隊がまずナンパをし、その後で女性に年齢確認や、これAVになるんだけどって説明をして、許可を取ったらいざSEXっていう段階を経て撮影していくわけですが、これをうまくシステム化することで、効率よく作品を撮ることができるんです。年齢確認の段階でAVだけどって言うと「だったらやめとく」って子も確かに多いですけどね。相手を見極めて効率よくやれば、それほど難しいことではないんです。ナンパして車にさえ乗せれば、もう70パーセント以上の確率で、その子のアソコまで見ることができるんです。

──ナンパの成功率が70パーセント、しかも撮影までOKさせてしまうってすごいですね

のりとん監督 3人声をかけたら2人は成功するという感じです。始めた頃は手当たり次第声をかけて断られることも多かったんですけど、やっぱり僕らも慣れてくるんです。この子に声かけても無駄撃ちっていうのがわかるんですね。ナンパを成功させたいなら、無駄撃ちはしないこと。ミートポイントさえ掴めば、そのくらいの確率は実現できます。年間撮る250人のうち、50人まではちゃんと絡みまでもっていけていますし、残りの200人のうち100人もフェラまで、あとの100人もノーパンにまではなってくれていますよ。

──ミートポイントさえつかめばとおっしゃいましたが、どんな子が落ちやすいんですか?

のりとん監督 落ちやすいのは自分にコンプレックスを持っている子ですよ。まあ、100人いれば100人とも、何かしらのコンプレックスは持っているわけですが、そこをうまく突くことが大切なんです。例えば毛深いとかね。コンプレックスのせいで人生のチャンスを逃してる子は多いですからね。本人もそれを自覚しているので、自分がコンプレックスに思っていることがそうじゃないとわかった時に、弾ける感じが生まれるわけです。「そうでもないよ」って言ってあげることで、相手をビッチにさせることだって可能なんです。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed