日刊サイゾー トップ > 芸能  > 園山真希絵、食事会5万円で紛糾

料理家・園山真希絵の食事会が、謎の「5万円」設定で紛糾!“セミヌード本”出版話はどこへ?

sonoyama1029.JPGhttp://sonoyamapremium.peatix.comより

 俳優・塩谷瞬の“二股騒動”で一躍有名になった料理研究家の園山真希絵(36)。彼女を囲む食事会「園山真希絵と高級フレンチを食べるプレミアム食事会」が「高すぎる」と話題だ。

 同食事会は、堀江貴文プロデュースのグルメアプリ「TERIYAKI(テリヤキ)」で、園山がキュレーターを務めていることから企画されたもの。参加費は5万5円で、飲食代のほか、同アプリの1年無料パス、同アプリのロゴステッカー、園山が営む金つば屋「豆園」の和菓子、園山の著書が含まれているという。

 また告知サイトには、「今回の参加費の内の5円はご縁がありますようにという意味を込めて、『豆園』のご縁袋に納めて皆様に素敵なご縁のプレゼントとしてお渡し致します」とあり、実質参加費は5万円のようだ。

 食事については「高級フレンチ」とあるだけで、料理内容や品数は不明。謎だらけの告知に、現在ネット上では「こんなのに5万円出す人、いるわけないじゃん」「5円をプレゼントというなら、徴収すんなよww」「どうせ、豆使った汚料理が出てくるんでしょ?」など、揶揄する書き込みが相次いでいる。

 ちなみに参加者は“10人限定”。参加チケットは今月9日から販売されており、開催日は11月5日と迫っている。現在も購入可能なところを見ると、売れ行きは芳しくないのかもしれない。

 二股騒動以降も、何かと話題を振りまいている園山だが、同様のバッシングはこれまでもたびたび起きている。昨年6月に豆料理教室を開いた際には、参加費8,000円と決して安くない金額設定だったものの、「フジッコ」の既製品大豆を食材と混ぜるだけの「大豆と海苔のディップ&西京味噌・クリームチーズ・ツナ・カレー粉のディップ」と、見た目にも地味な「豆もやしとサキイカのナムル」の2品のみ。案の定、ネット上では「これをボッタクリと言わずして、なんと言うのか」「既製品を混ぜるだけで8,000円!?」「“私に会えてうれしいでしょ?”代が5,000円かな」といった揶揄が飛び交った。

12

料理家・園山真希絵の食事会が、謎の「5万円」設定で紛糾!“セミヌード本”出版話はどこへ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

芸能界のドンが有吉を潰さなかった理由

 人気バラエティタレントの有吉弘行と、フリー...…
写真
インタビュー

『踊る大捜査線』亀山Pが映画電撃復帰!

俳優・塩谷瞬の“二股騒動”で一躍有名になった料理研究家の園山真希絵(36)。彼女を囲む食...
写真