日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 賞レース覇者の厳しい現状

『キングオブコント』覇者・シソンヌ“その後”に見る「お笑い冬の時代」の現状

sisonu.jpg吉本興業公式サイトより

 13日に放送されたTBS『キングオブコント2014』の平均視聴率が8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、過去最低を記録した。

「視聴率は右肩下がりですね。昨年初めて2ケタを割ったのですが、この流れはしばらく続きそうです。本当に“お笑い冬の時代”ですね」(TBS関係者)

 実際、7代目王者となったお笑いコンビ・シソンヌの露出も、これまでの王者たちと比べると明らかに少ない。

「たぶん、顔と名前が一致する人は少ないでしょう。今は、ネタ見せ番組はほとんどないですし、基本的に“売れてる芸人のトーク番組”ばかり。そのため吉本でも、『レッドカーペット』組のフルーツポンチやしずる、はんにゃなど中堅芸人の仕事がなく、ほとんど地方のイベント周りだそうです。ギャラは相変わらず高く、平成ノブシコブシクラスで1本100万円ほど。あくまで本人に入るのは、10万円程度だそうですが(苦笑)。ただそれも、在京事務所の芸人に押されて、危うくなっているとか」(芸能事務所関係者)

 日本一の称号を手にした彼らを今後、ゴールデンで見ることはあるのだろうか――。

最終更新:2014/10/31 12:00

『キングオブコント』覇者・シソンヌ“その後”に見る「お笑い冬の時代」の現状のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

印米中、常識破りのジャンクかた焼きそば

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、...…
写真
インタビュー

流通アナリスト解説マスク生産

13日に放送されたTBS『キングオブコント2014』の平均視聴率が8.3%(ビデオリサー...
写真