日刊サイゾー トップ > 芸能  > 宮澤アナと田中理恵が険悪?

フジテレビ宮澤智アナと、なぜか“険悪ムード”だった元体操・田中理恵「衆院選出馬のウワサは……?」

tanaka1120.jpg『田中理恵Smile』(ベースボールマガジン社)

 元体操選手で日本体育大学助教の田中理恵が、フジテレビの宮澤智アナとなぜか険悪ムードになっていたという。

 13日、田中は都内で行われた「お台場イルミネーション“YAKEI”点灯式」のトークショーに登場。20年の東京五輪開催に向けた「東京の新しい名所」として、全長200メートルにわたる約40本の樹木と、20メートルのツリー、人の動きに反応するアジア初のイリュージョン・ドームなどが披露されたのだが、マスコミ以外にも男性を中心に50人ほどが集まった。大半が田中ファンのようで、クリスマスドレスに身を包む田中に声援が飛んだ。


 ここに同席したのが、お台場が“ご当地”となるフジテレビの宮澤アナだった。タレント扱いで、田中と共にカウントダウンに参加。両者はフジのニュース番組『すぽると!』などで共演している間柄だが、イベントスタッフは「かなりギクシャクした感じがあった」という。

「田中サイドからは、『番組とは違うので、タレントである田中と局のOLである女子アナの扱いが同じなのはおかしい』という声があり、一方、宮澤アナ側からは『ゲスト2人の扱いに差があるのはおかしい』というクレームがあったようです。どこで同列だったのか、どこで差があったのかはわかりませんでしたが、実際に2人は横に並んでも目も合わせませんでした」(同)

点灯式後のトークショーでクリスマスの予定を聞かれ「予定表を見たら仕事でした」と答えた田中に周囲は笑ったが、宮澤アナはどこか冷めた感じの苦笑い。

「おそらくは番組での接点で、何か互いに不快なことがあったんでしょうね。そうでなければ顔見知りなんですから、現場でも、もっと友人みたいに和気あいあいとするはず。もっとも、田中がやっているスポーツキャスターというのは、女子アナからすれば自分たちの仕事場でもあって、そこに割って入られた感じがあるのかもしれませんが」(同)

 ただ、宮澤アナもフジ入社前はホリプロのタレントスカウトキャラバンに出場、優勝者の小島瑠璃子と肩を並べたタレントだった。日本テレビ系『PON!』のお天気おねえさんなどを務めた後、12年にフジ入社。平井理央の退職を受けて『すぽると!』を担当している。

 一方の田中もスポーツ選手ながら、元はタレント志望。五輪招致のアピールで時の人となり、現在は仕事依頼が殺到中。来年夏までスケジュールが埋まっているという。現場でも田中を追いかける男性が多数みられ、人気面ではこちらが圧倒的に上。衆院選出馬のウワサもあるが、これについて質問をしたところ、笑顔でスルーされてしまった。
(文=ハイセーヤスダ)

最終更新:2014/11/20 21:00

フジテレビ宮澤智アナと、なぜか“険悪ムード”だった元体操・田中理恵「衆院選出馬のウワサは……?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

イグジスタンスの画家・はくのがわ

元体操選手で日本体育大学助教の田中理恵が、フジテレビの宮澤智アナとなぜか険悪ムードになっ...
写真