日刊サイゾー トップ > 芸能  > 竹内まりやに断られた紅白舞台裏

大本命の竹内まりやに断られ、薬師丸ひろ子が急浮上した『紅白』舞台裏

yakushimarus1201.jpg『セーラー服と機関銃 オリジナル・サウンドトラック』(USMジャパン)

 大みそかの『第65回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が11月26日、同局から発表された。

 初出場はV6やHKT48、SEKAI NO OWARIなど計5組。中でもサプライズとなったのは、一部で「出場内定」と報じられた竹内まりやの落選と、薬師丸ひろ子の初出場だ。

 竹内は今年、歌手生活35周年を迎え、7年ぶりに発売したアルバム『TRAD』(ワーナーミュージック・ジャパン)が大ヒット。NHKは今回の目玉にしようと、例年以上に熱心にオファーをかけていたという。

 「それが功を奏して、一時は出演内定ともいわれた」とは音楽関係者。

 だが、最終的に出場は見送られた。その理由について、舞台裏を知る関係者は「キーマンは夫の山下達郎さん」とした上で、次のように明かす。

「紅白出場は彼女の一存では決められず、夫の山下達郎さんの許可が必要。その山下さんは『大みそかは家族で過ごすべき』がモットー。今年も山下さんの許可が降りず、辞退ということになった」

 反対に「なぜこのタイミングで?」と驚いたのが、薬師丸だ。芸能生活は36年目で区切りが悪い。歌手活動に本腰を入れているわけでもない。そればかりか「彼女はこれまで『撮り直しの利かない生の歌番組には出ない』と一貫していた」(前出音楽関係者)という。

 そんな薬師丸が変心した理由は、朝ドラ『あまちゃん』の企画コーナーで出演した昨年の紅白だ。

「酒とタバコで高音がイマイチ出なかった小泉今日子に比べ、薬師丸さんの伸びのある歌声は放送後も大反響だった。これに本人が味を占め、『そんなに言うなら……』ということになった。早くも専属のボイストレーナーを付けて、猛練習に励んでいるようです。代表曲「セーラー服と機関銃」が有力とみられています」(同)

 昨年ゲスト出演した時点で、“旬”は過ぎているようにも思えるが……。

最終更新:2014/12/01 12:00
こんな記事も読まれています

大本命の竹内まりやに断られ、薬師丸ひろ子が急浮上した『紅白』舞台裏のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

金属バット、注目度UPもどこ吹く風

大みそかの『第65回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が11月26日、同局から発表された。 初...
写真