日刊サイゾー トップ > 芸能  > ざわちん、マスク外し宣言を後悔

ざわちんが“マスク外し宣言”を早くも後悔、バラエティ進出望むも「ものまねメイク以外、何ができるの?」

zawachin1203.JPG自撮りは詐欺レベル!?(ざわちんオフィシャルブログより)

 今秋、“マスク外し宣言”をしたざわちんが、2日放送の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)で、早くも後悔の念をにじませた。

 この放送では、“マスクなし”のざわちんが登場。マスクを外してテレビに出るようになってからというもの、Twitterなどで「ブス」「キモイ」などとバッシングを受けるようになったと告白。自身のファンを増やすための決断だったが、「すごい怖かった」「逆にマイナスになった」と嘆いた。

 ざわちんは、9月放送の『草なぎ剛の第22回がんばった大賞』(フジテレビ系)のオープニングで突然、おもむろにマスクを外し、「これからありのままのメイクの時は、マスクなしでいこうと思いまして」と、マスクを外すことを宣言。放送後のブログでは、「面長の馬面に驚かないで下さいね」と呼びかけていた。

 また、翌日に出席したイベントでも、「マスクをはずして、私自身のファンもつかんでいきたい」「自分は結構、男っぽい性格なので、おバカなこともできる。バラエティ番組にどんどん出演したい」とアピール。

「ざわちんは、マスクありとなしでは、ビジュアルのギャップが激しい。さらに、面長を隠すために上から“自撮り”をするため、ブログ写真と実物の顔に差があり、『写真詐欺レベル』との声も。そのせいもあって、なかなか素顔が受け入れられない視聴者も多いようです。本人は活動範囲を広げたいようですが、今のところ“ものまねメイク”以外に長けた部分が見当たらない。彼女よりも使い勝手のいい女性タレントは山のようにいますから、本人が望む芸能活動はまだ難しいでしょう」(芸能ライター)

 ものまねメイクのオファーばかりの現状に、不安を抱いている様子のざわちん。しかし、マスクうんぬん以前に、まずはものまねメイク以外の“売り”をアピールする必要がありそうだ。

最終更新:2014/12/05 17:52
こんな記事も読まれています

ざわちんが“マスク外し宣言”を早くも後悔、バラエティ進出望むも「ものまねメイク以外、何ができるの?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

『エンタの神様』(日本テレビ系)などで知られるコント師・ラバーガールが、2年連続で全国...…
写真