日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 篠田麻里子CM起用2位→圏外に

「CM起用社数ランキング」篠田麻里子が2位→圏外に転落! ブランド閉店による“キャラ崩壊”が原因か

shinoda0909.jpg

 「2014タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター)が男女別で発表され、昨年の女性部門で2位だった元AKB48・篠田麻里子が、圏外だったことが分かった。

 篠田は、昨年7月にAKB48を卒業。同年は日本郵便や、淀川製鋼所など単独出演も目立ち、15社ものCMに起用されたが、今年はCM出演が激減した。

「今年の目立ったCM出演は、AKB48時代から出演していたロート製薬や、ABC-MARTくらいのもの。AKB48のメンバーらと出演していたCMがなくなった分、起用社数が減るのは不思議ではありませんが、原因はそれだけではないでしょう。大口クライアントだったヨド物置のCMも、今夏に女優の杏へ渡ってしまった」(芸能ライター)

 篠田といえば、プロデューサー兼デザイナーを務めたファッションブランド「ricori」が、7月に突然の全店閉店。以前から同ブランドに悪評が立っていたことも作用してか、9月に発表された「女性が選ぶ! ファッションリーダーランキング2014」(オリコン)では、昨年の3位から圏外に転落してしまった。

「AKB48卒業後、メディア露出が激減している篠田ですが、最近は東京拘置所で行われた『東京拘置所矯正展』や、府中刑務所で行われた『府中刑務所文化祭』、さらに警察庁の支援で設立された不正商品対策協議会が主催する『ほんと?ホント!フェア in 東京 2014』といったイベントに出演。一部ネット上では、“今、刑務所で会えるアイドル”“慰問タレント”などと呼ばれている。AKB48卒業前には、『ファッションのほうを主にやっていきたい』と意気込んでいた篠田だが、“おしゃれキャラ”が崩壊した今、新たな路線を模索しているようです」(同)

 ファッションブランドを失ったと同時に、方向性も見失ってしまった篠田。来年は、巻き返しを図れるだろうか?

最終更新:2018/12/11 12:36
こんな記事も読まれています

「CM起用社数ランキング」篠田麻里子が2位→圏外に転落! ブランド閉店による“キャラ崩壊”が原因かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

「2014タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター)が男女別で発表され、昨年の女...
写真