日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『テラハ』映画化に不安の声

ヤラセ、セクハラ……『テラスハウス』映画化で、制作側の“自浄作用のなさ”が明るみに?

teraha1212.jpg『テラスハウス インサイド』(扶桑社ムック)

 海の見えるシェアハウスに暮らす男女の生活を記録したバラエティ番組『テラスハウス』(フジテレビ系)が映画化され、来年2月に公開されることになった。

 同番組は2012年10月から今年9月まで、総勢22名の若者を「台本なし」で撮影したというリアリティショーで、今年3月には、23時台では非常に高い9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の視聴率を記録。さらに、番組のサントラが3作品で計25万枚以上を売り上げるなど大ヒットとなった。今回の映画版はテレビシリーズの続編となるもので、サントラの発売も同時決定している。

 ただ、一方で「台本なしのリアリティショー」とは名ばかりで、週刊誌では複数の関係者の内部告発として「台本がないというのは紙の本がないというだけで、スタッフの指示で展開が決まっていた」という話もある。プロデューサーが「こんなセリフを言え」「このメンバーと恋愛関係になれ」という指示を出したり、「告白5万円」「キス10万円」の手当が支給されていたなどという“ヤラセ疑惑”も報じられ、さらには撮影現場での制作スタッフによる出演者へのパワハラ・セクハラが横行していたというスキャンダルもあった。スタッフの指示を拒否する者は高圧的な態度で叱りつけ、さらには女性出演者の胸をワシづかみにしたこともあったという。

 実は今回、映画版にもその問題スタッフが関わるという話から、関係者間では「またパワハラ、セクハラが始まるのか」という不安が飛び交っているという。

「テレビ放映時代、問題のスタッフらは男性出演者たちをキャバクラに連れ回したり、小遣いを渡したりして子分のように扱い、反発する空気を封じていた」

 こう話すのは、番組収録にも立ち会ったことのある外部の関係者だ。「普通なら、こんなことは簡単に起こらない」という問題の原因は、「番組をフジが制作会社に丸投げした形で、一部のスタッフに権力が集中していたこと」だという。

「視聴率が良かったのに番組終了したのは、こうした問題が局側に伝わったからで、“やるなら、体制をきちんと立て直してからパート2を作ればいい”という話になったと聞きます。ただ、制作会社が同じなら続編を作っても同じことになるので、外部の関係者が多数入り込む映画版となったそうです」(同)

 実際に一連の問題について、フジの亀山千広社長が「きちんと注意しなければ」と対応に言及したこともあった。番組を取材したことのあるフリーライターによれば、それでも不安は拭えないとする。


12
こんな記事も読まれています

ヤラセ、セクハラ……『テラスハウス』映画化で、制作側の“自浄作用のなさ”が明るみに?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

ジャニー氏逝去をめぐる情報操作

 7月9日23時半、テレビやスポーツ紙 の ...…
写真
インタビュー

“二番手芸人”かまいたちの野望

「テレビマンがいま一番キャスティングしたい芸人」「ポスト千鳥」……昨年、東京進出を果...…
写真