日刊サイゾー トップ > 芸能  > ローラの後釜はホラン千秋?

ハーフタレント戦国時代、ローラの後釜は誰だ!? ホラン千秋が一歩リードのワケとは

416r-523RIL.jpg『ホラン千秋』(宝島社)

「ここ数年、外国人ハーフタレント枠は群雄割拠の時代を迎えているといっても過言ではないでしょう。その中でも頭ひとつ抜けているといわれているのが、ホラン千秋さんです。彼女はバラエティにMCにドラマにキャスターと、幅広くこなしていますからね」(テレビ局関係者)

 

 もはや“ハーフ枠”を超えた存在となったベッキーは別として、各番組にハーフ枠はひとりというのが定番になってきている。

「少し前まではローラが筆頭でしたが、父親が詐欺容疑で逮捕された影響もあり、現在はレギュラー番組ゼロ。その後は、周知の通り、ホラン千秋やマギー、ラブリ、ダレノガレ明美と、雨後の筍のように続々と出てきました」(広告代理店関係者)

 そんな中で、ホラン千秋は多ジャンルの仕事をこなせることから、重宝されるようになったという。

「彼女のギャラは1時間の番組で20~30万円くらいといわれており、かなり破格です。また、本人も売れない時代を経験しているからか、スタッフに対する礼儀や挨拶がしっかりしていて、現場の評判も上々です。今は年末年始の特番の収録でほとんど休みがないみたいですね。先日は話題のドラマ『リーガル・ハイ』に出演していましたが、来年は女優の仕事も増えそうです」(芸能事務所関係者)

 ハーフタレントの戦国時代を生き抜くのは、果たして誰か――。

最終更新:2014/12/18 12:00
こんな記事も読まれています

ハーフタレント戦国時代、ローラの後釜は誰だ!? ホラン千秋が一歩リードのワケとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

阿佐ヶ谷姉妹インタビュー

「ここ数年、外国人ハーフタレント枠は群雄割拠の時代を迎えているといっても過言ではないでし...
写真