日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 脊山麻理子が渡部建にマジギレ

元日テレ・脊山麻理子がアンジャッシュ・渡部建にマジギレ、Twitter大炎上中「日本から出て行け」

seyamamariko1218.jpg

 元日本テレビアナウンサーで、現在フリーの脊山麻理子(34)が、16日深夜放送のバラエティ番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で共演者にマジギレし、炎上している。

 この日は、アンジャッシュ・渡部建が“救世主”となり、ゲストのプライベートにダメ出ししていく恒例の人気企画「悩める女たちVS渡部プロ」を放送。脊山は、来年の仕事量に不安を抱える“悩める女”として登場した。

 冒頭、MCのフットボールアワー・後藤輝基が、脊山を含む3人のゲストに「(これから渡部から)どえらいこと言われます。あくまでも皆さんのことを思って言ってますから」と断りを入れると、脊山が突然、挙手をしながら「(退社後に)汐留(日テレ)に入るの、初めてなんです」と報告。早速、渡部から「MCのトークに対し、返しがトンチンカン」とダメ出しを受けると、脊山は「いや、でもぉ、『あれ言わないの?』っていうディレクターの気持ちをくんじゃう」と反論した。

 その後のVTRでは、脊山が自宅や、両親所有の別荘を紹介。黒とピンクを基調とした部屋を見たチュートリアル・徳井義実が、元日テレアナウンサーの宮崎宣子も黒とピンクを多用していたことを挙げ、「日テレを辞めて、行き場を失ってる人は、黒とピンク」と持論を展開。すると脊山は、「ジャンル分けしちゃう時点で、ナンセンス」「そういうふうに話を展開する人は、センスない」と、徳井を否定した。

 また、VTRで「(自分は)晴れ女で、『プレイボーイ』(集英社)の表紙をした時も晴れた」と話した脊山に対し、渡部が「『プレイボーイ』の話はいらない。過去の栄光を言いたいだけ」とダメ出し。これに脊山は、渡部の話を遮り「でも、晴れ女の情報だけを流して、意味あります?」「私にとっては必要なんです」などと息巻いた。

 さらに番組終盤、脊山は「普通に(プライベートを)見せてくれって言うから見せただけで、文句言われる筋合いまったくない」とマジギレ。渡部に「悩みを相談に来てる立場ですよね。態度おかしくないですか?」と返されるも、脊山はなおも不満げ。共演者のおのののかから「スタッフさんから説明受けてなかったんですか?」と質問されると、脊山は「受けてます。受けて全部やりました。受けてるに決まってるじゃないですか。バカだと思ってんですか?」とまくし立て、スタジオは不穏な空気に包まれた。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed