日刊サイゾー トップ > 芸能  > 吉高マネジャーの暴走に事務所激怒

『紅白』司会の吉高由里子に大トラブル! マネジャーの“暴走”に所属事務所が大激怒

yoshitaka1228.jpg

 ヒロインを演じたNHKの朝ドラ『花子とアン』での好演が評価され、大みそか『紅白歌合戦』で初の紅組司会を務める女優の吉高由里子だが、所属事務所が吉高のマネジャーに激怒していることを「週刊新潮」(新潮社/1月1・8日新年特大号)が報じている。


 同誌によると、問題となったのは、隔月で発行される若者向けのカルチャー雑誌「Quick Japan」(太田出版)の12月発売号。同誌の目玉は100ページにわたって掲載された「吉高由里子 二人三脚の足跡」という企画で、8年間にわたって吉高のマネジャーを務めたK女史が年末で吉高の所属事務所を退社するとあって、そのはなむけともいえる企画となっている。

 この企画で、本来ならタレントの黒子に徹しなければならないはずのマネジャーK女史は、バッチリメイクを決めて誌面に堂々と登場。K女史の父親は某地方大都市の市長を務めているが、市長室で父親と吉高の3ショット、K女史の実家や都内の自宅、韓国旅行、さらにはほかの事務所に所属する吉高の親友の森カンナも交えた写真が大量に掲載されているのだ。

 「新潮」によると、K女史は自ら企画を売り込み、事務所に報告をしたのは発売直前。もう出社することもないため、事務所はほかのマネジャーに「こんなことはするな」と注意したぐらいで、あとは雑誌が店頭から消えるのを待つのみだというのだ。

「NHKの『花子とアン』の担当プロデューサーや共演した鈴木亮平、さらには吉高の歴代マネジャーのコメントまで掲載され、まるで事務所“公認”の企画のように仕上がっている。ところが、よく見ると、撮影に同行しているのは雑誌の編集長やスタイリスト、ヘアメイクらで、吉高の事務所サイドは誰もいない。もともと、奔放な性格で知られている吉高だけに、退社するマネジャーへの“男気”を見せて企画に賛同したようだが、おそらく、吉高のオフを使って撮影していたはずだから、それだけでも大問題。K女史からすれば、確信犯の“ヤリ逃げ”だったはず」(芸能プロ関係者)

 マネジャーとの親密すぎる関係がトラブルを招いてしまった吉高だが、無事『紅白』司会の大役を果たすことができるだろうか?

最終更新:2014/12/28 08:00
こんな記事も読まれています

『紅白』司会の吉高由里子に大トラブル! マネジャーの“暴走”に所属事務所が大激怒のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

ヒロインを演じたNHKの朝ドラ『花子とアン』での好演が評価され、大みそか『紅白歌合戦』で...
写真