日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > NHK『花燃ゆ』Pの発言に批判

NHK『花燃ゆ』プロデューサーが「イケメン揃えました」発言、「甘く見るな」「発想が安易」と批判殺到中

hanamoyu0119.JPGNHK『花燃ゆ』公式サイトより

 NHK大河史上最低レベルの視聴率が続く『花燃ゆ』の制作サイドの意向に対し、ネット上で批判が相次いでいる。

 発売中の「女性セブン」(小学館)の新ドラマ特集において、『花燃ゆ』の製作総指揮を務める土屋勝裕プロデューサーが、「女性たちに見てほしい」との思いから、「そのための入り口の1つとして、イケメン俳優たちをキャスティングしました」とコメント。これに対し、ネット上では女性から「大河に求めてるのは、そういうことじゃない」「発想が安易」「視聴者を甘く見るな」という反論が飛び交っている。


 吉田松陰の末妹で、後に久坂玄瑞の妻となる杉文が主人公の『花燃ゆ』は、メインキャストに伊勢谷友介、大沢たかお、東出昌大、高良健吾、要潤、瀬戸康史といったイケメンを大量投入。4種類作成された宣伝用の2ショットポスターでは、「幕末男子の育て方」というキャッチコピーと共に、主演の井上真央が、大沢の手をつかんで見つめ合ったり、東出を膝枕したり、伊勢谷の頭をナデナデしたり、高良に平手打ちをしたりと、まるで恋愛ドラマのようなビジュアルだ。

 放送が始まると、ネット上では「期待はずれ」「大河っていうか、朝ドラみたいな脚本」「歴史軽視」などと、脚本への批判が殺到。初回は平均視聴率16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、過去の大河では見ない低調スタートとなり、その後も第2話13.4%、第3話15.8%と惨敗中だ。

「過去の大河も、イケメンが多く出演していたことには変わりないが、今回は制作スタッフ自ら『イケメン揃えました』と明言。放送前からそこを全面に押し出し、まるで民放ドラマの宣伝のよう。そんな制作側のスタンスが、女性視聴者や大河ファンは鼻に付くのでしょう」(芸能ライター)

 だが、そこには大河スタッフの苦悩がにじみ出ているという。

「かつて、全話平均で20%超えが当たり前だった大河ですが、2010年以降は15%超えも厳しい状況。同局ドラマのもう1つの柱である朝の連続テレビ小説にも負けっぱなしで、大河の存在感は薄れるばかり。そんな事態を打破すべく、朝ドラ風の大河で女性視聴者の取り込みを狙いましたが、仕掛けた戦略が裏目に出てしまった印象です」(同)

 まだまだ先は長い『花燃ゆ』。番組の狙い通り、イケメン役者に女性視聴者が釣られ、視聴率回復を見せることはあるだろうか?

最終更新:2015/01/26 19:49

NHK『花燃ゆ』プロデューサーが「イケメン揃えました」発言、「甘く見るな」「発想が安易」と批判殺到中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

NHK大河史上最低レベルの視聴率が続く『花燃ゆ』の制作サイドの意向に対し、ネット上で批判...
写真