日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > ざわちんの宮沢りえ風が似てない

ざわちんの“宮沢りえ風メイク”が「全然似てない」!? 粗削り作品連発でブーム終焉危機

zawachin0210.JPGざわちん公式ブログより

 ものまねメイクタレントのざわちんが、チュートリアル・徳井義実に施した“宮沢りえ風ものまねメイク”が「似てない」と話題だ。

 ざわちんは、9日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演。番組は、イベントに引っ張りだこの、ざわちんの多忙な日々に密着した。

 また、スタジオでは、ざわちんに2時間かけて“ものまねメイク”を施された徳井が登場。かつらやワンピースで女装をし、ざわちん同様にマスクをした徳井が姿を見せると、出演者らは「似てる!」と大興奮。司会の今田耕司も、「えー! りえちゃんや! 似てる!」と絶賛した。

 ざわちんは、「眉毛を完コピした」「目の下にホクロを付けた」「生え際に富士額を描いた」と“宮沢りえ風ものまねメイク”のポイントを説明。さらに放送後、自身のブログで「今田さんや羽鳥さん、スタジオの皆さんに『似てる~』と絶賛して戴いて本当にうれたんでした」と喜びを綴った。

 しかし、ネット上では、「かつらしか似てない」「女装した徳井」「これは宮沢りえに失礼」「今田も、内心似てないって思ったはず」という書き込みが殺到。VTR中に披露した“EXILE・TAKAHIRO風ものまねメイク”についても、「誰だか分からなかった」「映像だと似てない」「ざわちんのモノマネメイクは、フォトショありきだから」「映像は加工できないからね」という指摘が相次いだ。

「ブログでは『似てる』と大人気のざわちんも、映像になると“そっくり度”はかなり落ちてしまう。そのため、本人は否定しているものの、以前から画像加工が疑われています。また、過去に披露した市川海老蔵風や、サザンオールスターズ・桑田佳祐風、ダウタウン・松本人志風の“ものまねメイク”も、『似てない』と話題に。150ものレパートリーを持つという彼女ですが、粗削りな作品を披露してしまうあたり、ネタ切れ感が否めません」(芸能記者)

 またもや、似てない“ものまねメイク”を披露してしまったざわちん。“ものまねメイク”ブームを、いつまで牽引できるだろうか?

最終更新:2015/02/10 16:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed