日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > たかみなのソロ歌手宣言に不安

AKB48・高橋みなみの目標は“歌姫・中森明菜”だって!? ソロ歌手宣言に「北斗晶路線なら売れそう」の声

takahashiminami1218.jpg

 12月にAKB48を卒業する高橋みなみ(23)が、卒業後は“ソロ歌手”として活動することを、一部スポーツ紙の取材で初めて明かした。

 2013年4月にリリースしたソロデビューシングル「Jane Doe」(NAYUTAWAVE RECORDS)を最後に、ソロ歌手活動が途絶えている高橋。しかし、卒業後は再び「中森明菜を目標に」、ソロアーティストとして音楽活動をしていくという。

「AKB48の中でも歌を得意としていることで知られ、満を持してソロデビューした高橋ですが、初動売り上げは8.5万枚。これだけ見れば悪くない記録ですが、すでにソロデビューしていた板野友美の1stシングルが初動15万枚超え、渡辺麻友の1stシングルが12万枚超え。ほぼ同時期にソロデビューした柏木由紀も10万枚超えを達成していたことから、どうしても劣ってみられてしまった。さらに、ほかのメンバーが2nd、3rdとシングルを出す中、高橋はなぜかシングル1枚でストップ。そのため、どうしても“失敗感”が漂ってしまいました」(芸能記者)

 本人念願のソロデビューを果たしながらも、AKB48グループ総監督として尽力し、約2年間もソロ歌手活動がなかった高橋。それだけに、今回の歌手宣言を祝福するファンは多いだろう。だが、ネット上では「歌手は難しいだろ」「たかみなは、バラエティ司会とかのほうが向いてる」「中森明菜って、目標高すぎ」「結婚して、北斗晶みたいなポジションのママタレになれば、売れそう」といった声も目立つ。

「大島優子、前田敦子、秋元才加といった女優志望者が、ドラマや舞台で一定の評価を受けている一方で、板野友美や河西智美といった歌手志望者はというと、大成したメンバーは見当たらない。どうやら、“元AKB48”という肩書が枷となり、音楽活動では新たなファンが付きにくいようです。音楽活動で“脱AKB48”を図るには、一流の歌唱力や、抜群の容姿やカリスマ性など、何か秀でたものがないと難しい。高橋が何を武器に勝負しようとしているのかは分かりませんが、音楽活動には一抹の不安が過ります」(同)

 現段階では、バラエティタレントとしての印象が強い高橋。卒業後、目標に掲げる歌姫・中森明菜に、近づくことはできるだろうか?

最終更新:2018/12/11 12:31
こんな記事も読まれています

AKB48・高橋みなみの目標は“歌姫・中森明菜”だって!? ソロ歌手宣言に「北斗晶路線なら売れそう」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

 芸歴5年目、なのに全員オーバー30という、人力舎の”若手”トリオコント師「アンダー...…
写真