日刊サイゾー トップ > 芸能  > 視聴率低迷『花燃ゆ』の“テコ入れ”の坂本龍馬役に伊原剛志起用で「万策尽きた……」の声

視聴率低迷『花燃ゆ』の“テコ入れ”の坂本龍馬役に伊原剛志起用で「万策尽きた……」の声

hanamoyu0303s.jpg『NHK大河ドラマ「花燃ゆ」』

 女優・井上真央主演のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』が低迷している。

 初回1月2日の視聴率は、大河史上歴代ワースト3位となる16.7%で発進。その後も下降線をたどり、2月15日放送では、1ケタ寸前の11.5%を記録してしまった。

 不振の原因については「主演がどうとか、脚本や演出の良し悪しの問題ではなく、題材がそもそも地味すぎます」(テレビ関係者)という声が圧倒的で、主演の井上には同情も集まっているが……。

 共演する俳優の伊勢谷友介も、2月27日に行ったクランクアップ会見で井上をフォロー。演じている幕末の思想家・吉田松陰が処刑される場面を25日に撮影し「ホッとしました」と笑顔で振った上で「ちゃんと見ている人には、伝わっていると思う。10%もあれば十分。これから闘いだらけになるので、数字が上がるかも」と期待を寄せた。

 とはいえ、このままではまずい。一部週刊誌では、NHKが物語のキーパーソンとしてこれから登場する坂本龍馬役をテコ入れすると報じ、その候補に2010年の大河ドラマで龍馬役を演じた福山雅治やSMAP木村拓哉の名前が挙げられた。

「いまだ『龍馬伝』の福山さん人気は根強い。木村さんは、本人が大の歴史好き。これまでも、たびたび大河の主演に名前が浮上していた」とはドラマ関係者。だが、そうしたサプライズもなく、このほど俳優の伊原剛志が龍馬を演じることが決定。昨年の朝の連続テレビ小説『花子とアン』でヒロインの父親役を好演するなど、何かとNHKとは縁の深い伊原だが、インパクト的には「ビミョー」と言わざるを得ない。

 ネット上では伊原の起用が発表されるや「万策尽きた……」「地味すぎるだろ」という声が殺到。当の伊原は「歴史上の人物で坂本龍馬は、生き方としても憧れる人物で、演じたいキャラクターだったので、龍馬役を演じられることはうれしいし、光栄です」と喜んでいるというが、苦戦は必至かもしれない。

最終更新:2015/03/03 10:00

視聴率低迷『花燃ゆ』の“テコ入れ”の坂本龍馬役に伊原剛志起用で「万策尽きた……」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

熊田曜子、泥沼離婚問題の先はどうなる?

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

インパルス板倉、特別インタビュー

「足掻き続けろ、絶望から這い上がるまで──」  そんなキャッチフレーズがつけられた、...
写真