日刊サイゾー トップ > エンタメ  > NHKアナの愛人クラブでグラドル?

NHK室蘭の美人アナが登録していた「愛人クラブ」で、現役グラビアアイドルを発見!?

NHK室蘭の美人アナが登録していた「愛人クラブ」で、現役グラビアアイドルを発見!?の画像1「週刊文春」(文藝春秋)と「週刊新潮」(新潮社)

 現役NHKアナウンサーが愛人クラブに登録していたという衝撃の報道。複数の男性客と実際に会ったという当人は、報道後に公式サイトから削除された室蘭放送局の山崎友里江アナだとみられている。同クラブにはもうひとり、現役グラビアアイドルも在籍しているとの話も浮上中だ。

「週刊文春」(文藝春秋)、「週刊新潮」(新潮社)の報じた記事によると、NHKの某地方局に勤める「20代の現役女性アナウンサー」が、「愛人マッチングサービス」なるデートクラブに登録しており、本人がその事実を認めたという。

 このクラブは「タレントの卵からAV女優まで」と、有名人在籍を売り文句に、入会金は上級クラスで30万円、ほか多額の年会費が必要で、女性とのデートセッティングごとに2~10万円が発生する仕組み。デート後の流れは「男女間の自由意思による」としているものの、単なる出会い系サイトならこれほどの高額なわけがなく、要するに互いに秘密を守って割り切った交際をする高級愛人クラブといえる。

 問題のアナは、同クラブ札幌店に偽名で登録。会員専用のプロフィール動画に登場し、「職業:アナウンサー/某テレビ局で働かれており、ご覧になられた事がある方もいらっしゃるかもしれません」と紹介されていた。

 文春の記事では実名を避けた報道となっていたが、新潮は「NHK室蘭放送局の女子アナ」と明記。同局の女子アナは4名いるが、掲載画像の外見上から山崎アナとみられている。

 山崎アナは東京出身、東海大卒業後に昨年NHK入社、室蘭放送局に配属され『ほっとニュース北海道』などを担当した25歳。本人は「結婚相談所みたいなものだと思った。愛人クラブだとは知らなかった」と答えたというが、ホームページは、どう見ても健全なクラブとは思えず、女性会員募集のページには、男性会員が「家庭をお持ちなどの理由から素敵な出会いが少ないと思っていらっしゃる会社員、会社役員、個人事業主など」、「30~50代の男性が多く、遊び上手な方が多い」などと記載されており、客の35%が既婚者となっていることから、少なくとも結婚相談所と見間違えるサイトでないのは明らかだ。

 問題のクラブは7月12日、代表者が「婚活サイトで出会う方が必ずしも独身ではない」などといった反論をホームページに掲載。ただ、文中で「登録に来た際に、弊社のスタッフがきちんと、誤解のないような説明をしたのか、100%の確証がない状況」と曖昧な弁明もある。

 文春では、弁護士の見解として「売春防止法に違反する可能性」が指摘されていたが、同クラブは「(売春は)不特定の相手方と性交することをいう」「愛人関係=不特定ではなく、愛情の通い合った(特定の)関係」として、売春には該当しないと反論。こちらは別の論議が生まれそうだ。

 一方、同クラブには昨年、別の疑惑もあった。イラストを得意とする自称20代後半の現役グラビアアイドルが登録していたというウワサだ。こちらはプロフィール上で「アイドル」や「タレント」とは書いておらず、本人かどうかの確認は取れていないのだが、このアイドルはちょうど昨年から芸能活動が途絶えており、事務所関係者に聞くと「本人は体調不良と言っているが、実際には愛人ができて仕事をしなくなった」という話が漏れ聞こえていることから、同クラブで愛人を見つけた可能性もある。

「タレントの卵からAV女優まで」というクラブの売り文句が事実だったとすれば、このアイドル以外にもタレントらが登録していてもおかしくないが、それが明らかになるのも時間の問題かもしれない。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2017/06/06 16:18
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed