日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 元AKB大堀恵がキャラ変に成功

元AKB48・大堀恵がママタレに華麗なる転身、「未来がない」メンバーにとって“希望の光”となるか

oohori0312.JPG大堀恵 公式ブログより

 元AKB48の大堀恵(31)が、ママタレとして躍進を遂げている。

 大堀は、2006年にAKB48へ加入。チームKメンバーとして大島優子らと活動したのち、10年にSDN48へ異動。芹那らと共にメインメンバーとして活躍し、12年に卒業。翌年、脚本家の金沢達也と結婚し、昨年6月に第一子を出産した。

 SDN48卒業後は、メディア露出が激減。インターネット番組や、舞台を中心に細々と活動を続けていたが、妊娠を機にママタレ路線へ転向。妊娠や子育てについて綴るブログが注目を浴び、現在ではアメブロの総合アクセスランキングで、ローラや紗栄子を抑えてトップテン入りするなど、女性ファンを増やしている。

「大堀が所属するホリプロは、NHKで子育て番組を持つくわばたりえや、娘をホリプロの子役部門に所属させている新山千春をはじめ、ママタレビジネスに前のめり。インターネット番組『ホリプロ保育園』では毎回、同事務所のママタレが交替で出演しています。中でも大堀は、妊娠のタイミングでブログ名を『こうのとりさんこんにちは』に変更する計画性をみせ、それまでの男性向けのエロキャラを封印。ブログの内容にタレント特有の嫌味がないことから、世のママたちに受け入れられるのも早かった。アイドル時代とは異なる女性ファンを取り込むことに、大成功しました」(芸能記者)

 芸能活動を続けるAKB48卒業生の中で、成功者といえる大堀。モーニング娘。と違って、これまでにAKB48グループからママタレ転身に成功したメンバーはほかに見当たらず、新たな道筋を作ったともいえそうだ。

「AKB48グループの卒業メンバーは、その多くが芸能事務所に所属してはいるものの、仕事のオファーがない飼い殺し状態。また、そんな悲惨な状況に絶望し、早々に卒業を決意する若いメンバーも増えている。卒業メンバーは、『活動を続ける』『引退する』という二択に迫られるが、大堀のおかげで、新たに『ママタレ』という道が想像しやすくなった。ママタレブログに固定読者がつけば、ママ雑誌、料理本、マタニティグッズのプロデュースなど、仕事の幅が一気に広がる。今後、ママタレを目指すAKB48メンバーも増えるのでは?」(同)

 現在の大堀の人気は、AKB48グループにとって、一筋の光となるか?

最終更新:2015/03/12 23:00
こんな記事も読まれています

元AKB48・大堀恵がママタレに華麗なる転身、「未来がない」メンバーにとって“希望の光”となるかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

東京五輪ボラ問題、なぜ報じない?

元AKB48の大堀恵(31)が、ママタレとして躍進を遂げている。 大堀は、2006年にA...
写真