日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 柴咲『○○妻』最終回に酷評殺到

柴咲コウ『○○妻』最終回が“酷評祭り”、まさかの“死亡オチ”に「雑すぎる」「遊川脚本は見ない」

shibasaki0115.jpg

 18日に放送された柴咲コウ主演連続ドラマ『○○妻』(日本テレビ系)の最終回に、「最後まで見て損した」などと酷評が殺到している。

 同作は、同局で2011年に放送された連続ドラマ『家政婦のミタ』で脚本を手掛けた遊川和彦氏によるオリジナル作品。柴咲の連ドラ単独主演は、これが初となる。

 最終回では、思わぬ急展開が。それまでの“契約夫婦”から、晴れて正式に結婚したひかり(柴咲)と正純(東山紀之)だったが、結婚式の前日、昼間に2人が仲良く歩いていると、金属バットを振り回しながら土手を歩く高校生不良グループに遭遇。注意した正純を不良が一発蹴ると、正純は土手の下に転げ落ちるように落下。それを庇うように落下したひかりは頭を打ち、意識不明の重体に。正純は軽傷だったが、ひかりは帰らぬ人となってしまう……。

 この終わり方に、ネット上では「なんだこりゃ」「え、終わり?」「安っぽすぎて、ついていけない」「終わり方が雑すぎる」「まだ“夢オチ”のほうがマシ」「最終回だけ、学芸会みたいだった」などと、多くの視聴者が唖然。「最初の謎めいた感じは面白かったのに、ベタ展開で終わった」「今までの意味不明なエピソードが、何ひとつ回収されてない」「今まで見た中で、一番最低なドラマ」「もう、遊川脚本は見ない」と、厳しい声が相次いでいる。

 また、ラストシーンでは、正純がひかりの写真に向かって、「ひかり、俺たちは生きてく。見ててくれるよな」と呟いた後、「○○妻」というタイトルが表示され、番組が終了。これに、視聴者から「結局、○○には何が入るの? 最終回まで見たのに、何もわからなかった」「死亡妻? 幽霊妻?」「すっきりしない」と戸惑いの声も。

「脚本の遊川氏といえば、NHK連続テレビ小説『純と愛』の評判が散々だったほか、『家政婦のミタ』の最終回でも『力技』『強引』などと物議を醸した。しかし、今回ほど袋叩きに遭ったことはなく、ネット上をうかがっても、後味の悪さや、展開のチープさに不満を訴えるコメントばかり。一方、最終回の視聴率は14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、全話平均14.3%と、数字的には成功。放送開始時、柴咲演じる主人公のミステリアスな魅力に引きつけられた視聴者が、最後まで見続けた印象です」(テレビ誌記者)

 安っぽい最終回が波紋を呼んでいる『○○妻』。救いは、最終回でウエディングドレス姿を披露した柴咲が、「美しい」と好評だったことくらいだろうか?

最終更新:2015/03/19 19:30
こんな記事も読まれています

柴咲コウ『○○妻』最終回が“酷評祭り”、まさかの“死亡オチ”に「雑すぎる」「遊川脚本は見ない」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

18日に放送された柴咲コウ主演連続ドラマ『○○妻』(日本テレビ系)の最終回に、「最後まで...
写真