日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 波瑠に“股間愛撫”お宝作品!

NHK朝ドラ『あさが来た』ヒロインに抜擢された波瑠に“股間愛撫”お宝作品があった!

haru03223.jpg『波瑠 2010年 カレンダー』(トライエックス)

 9月スタートのNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』のヒロインに、女優の波瑠が抜擢された。

「清潔感あふれるショートカット美女で、夏目雅子の再来とも呼ばれています。4月スタートの『まれ』も始まっていないうちから、9月のヒロインを発表。しかも、東京と大阪で同日にお披露目会見を開くのは異例のこと。NHKの意気込みを感じます」(テレビ誌ライター)

 NHKがグイ推しする波瑠だが、これまで注目度はさほど高くはなかったため、過去の出演歴はあまり知られていない。そんな彼女には、なんと濱田岳を相手に甘美な「手マン艶技」を演じた“お宝作品”が存在するのだ。2013年に公開された映画『みなさん、さようなら』がそれだ。

「久保寺健彦氏の同名小説が原作で、団地から一歩も出ずに生きると決めた主人公・悟(濱田岳)の成長を描いた異色の青春映画。波瑠は悟の隣人で、初恋の相手を演じている。1981年から96年までを描いた作品ということで、セーラー服やボディコンなど、年齢に応じたさまざまな姿を披露しています」(映画ライター)

 波瑠の官能シーンは盛りだくさんだ。

 まずは、濱田の部屋のベッドに隣り合わせに座ると、波瑠のほうから向かい合わせになってキス。性欲に火がついた濱田は、波瑠の左胸を服の上からむんずとわしづかみする。波瑠に「ダメ」と拒まれた後も我慢できずにさらにもう一揉みするが、やはりお預けを食らってしまう。

 時が経過した別のシーンでは、部屋でゴロ寝する波瑠の胸を濱田が揉みしだきながら2人の会話が続く。

「私、大学に入ったら絶対一人暮らしするの。こういうことできなくなるから寂しい?」

 濱田は「寂しい」と答えるや、波瑠の足を開かせながらスカートの中に手を入れると、股間をまさぐり始めるのだ。手首の位置から、“ふり”ではなく、完全に彼女の秘部に到達しており、まさに「手マン」だ。しかし、ここでもまた「ダメ……ここまで」と寸止めされてしまう。

 ところが、さらに年月が過ぎたシーンに移ると、すでに波瑠は濱田の「手マン」を受け入れる仲に。男の指責めに甘い吐息を漏らしながら、波瑠の手は膨らんだ男の股間をなぞるように刺激する。

「入れたい」

と懇願する濱田の欲望に対し、

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

山崎製パンで特大スキャンダル

今週の注目記事・1「『売上1兆円超』『山崎製パ...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真