日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 杏『デート』が小栗旬の前作以下

首位発進の杏『デート』が4位に転落……最終回が好評も「『ごちそうさん』バブルも潮時か」

de-to0324.JPGフジテレビ『デート~恋とはどんなものかしら~』公式サイトより

 杏主演の“月9”ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ系)が23日に最終回を迎え、平均視聴率13.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。

 同作は、“恋愛力ゼロ”の男女を描いた恋愛コメディ。杏、長谷川博己、国仲涼子らが出演し、『鈴木先生』(テレビ東京系)や『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)など、数々の名作を生み出した古沢良太氏によるオリジナル脚本ということで注目を浴びた。

 初回こそ14.8%と、今期の民放で首位に輝いたが、次第にほかの連ドラに抜かれ、民放4位まで落ち込んでしまった。

「『ごちそうさん』の大ヒットに続き、昨年主演を務めた『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)が最高視聴率18.3%を叩き出した杏主演作だけに、フジテレビは今回も高視聴率を期待していた。しかし、一時10%台まで低迷するなど数字が安定せず、前クールの月9『信長協奏曲』を下回る全話平均12.4%という結果に。さらに、同局の『銭の戦争』や、『DOCTORS3 最強の名医』(テレビ朝日系)、『○○妻』(日本テレビ系)にも抜かれてしまいました」(テレビ誌記者)

 だが、視聴者の満足度は高い。ネット上では「最高のドラマだった」「最終回はキュンキュンしっぱなしでした」「“泣けるドラマ”で売ってるドラマよりも、よっぽど泣けた」「過去と現在をうまく見せた、素晴らしい脚本だった」「早く続編を!」といった声が相次いでいる。

「先月放送された杏主演2時間ドラマ『クロハ~機捜の女性捜査官~』(テレビ朝日系)が、11.4%とそこそこだったこともあり、一部テレビ関係者の間では、『ごちそうさん』効果による“杏バブル”が『そろそろ潮時』と見る向きも。最近は、フジテレビやTBSが、経費削減のためにドラマ枠を縮小中。杏はギャラがトップクラスですから、今後、主演作が減る可能性もありそう」(同)

 好評ながら、期待ほどの結果が出せなかった『デート』。次クールの嵐・相葉雅紀主演月9『ようこそ、わが家へ』は、これを上回ることができるだろうか?

最終更新:2015/03/24 16:00
こんな記事も読まれています

首位発進の杏『デート』が4位に転落……最終回が好評も「『ごちそうさん』バブルも潮時か」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

20代女性が7割の「パパ活」アプリ

杏主演の“月9”ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ系)が23日に最終...
写真