日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 首位は沢村一樹…冬ドラ総まとめ

トップは沢村一樹『DOCTORS』、“死亡オチ”が波紋『○○妻』、今世紀最低の『保育探偵』……冬ドラマ総まとめ

doctors30324.JPGテレビ朝日『DOCTORS 3~最強の名医~』公式サイトより

 続々と最終回を迎えている冬ドラマ。ほぼ出そろった視聴率を、ランキング形式で振り返ります。

■トップはやっぱり、安定の医療モノ

 まず、平均視聴率のトップ10は以下の通り(ビデオリサーチ調べ、関東地区/『相棒』などのクールまたぎは除く)。

1位『DOCTORS 3~最強の名医~』(テレビ朝日系)14.4%
2位『○○妻』(日本テレビ系)14.3%
3位『銭の戦争』(フジテレビ系)13.3%
4位『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ系)12.5%
5位『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(TBS系)10.4%
6位『流星ワゴン』(TBS系)10.2%
7位『問題のあるレストラン』(フジテレビ系)9.3%
8位『学校のカイダン』(日本テレビ系)9.3%
9位『ゴーストライター』(フジテレビ系)8.6%
10位『残念な夫。』(フジテレビ系/放送中)7.7%

 トップは、沢村一樹主演の人気シリーズ『DOCTORS 3~最強の名医~』。最高視聴率21.7%を叩き出した前作には遠く及ばなかったものの、相変わらずの安定感。視聴者の満足度は“今期ナンバーワン”といわれ、ネット上には、早くも次回作を待ちきれない様子のファンが数多く見受けられる。

 2位は、最終回に大ブーイングが起きた柴咲コウ主演『○○妻』。同作は、同局で2011年に放送された連続ドラマ『家政婦のミタ』で脚本を手掛けた遊川和彦氏によるオリジナル作品。開始当初は、かたくなに結婚しようとしない“契約妻”(柴咲)と、そこに不信感を抱く夫(東山紀之)のやり取りに「面白い」「先が気になる」と期待感を抱く視聴者も多かったが、物語が進むにつれ、そんな声もフェードアウト。

 最終回では、たまたま出くわした不良学生に暴行を受け、主人公が唐突に死亡。伏線の一切なかった“死亡オチ”に、ネット上では「終わり方が雑すぎる」「これまで見たドラマの中で、最低」「今までの意味不明なエピソードが、何ひとつ回収されてない」といった酷評があふれた。

 これをきっかけに、遊川氏が過去に書いたトンデモシーンの数々が話題に。中でも、田中美佐子と浜田雅功がダブル主演を務めた『十年愛』(TBS系)で、大江千里演じる主人公の夫が、高速回転するメリーゴーランドの遠心力で吹き飛び死亡するシーンが、「遊川脚本のトンデモぶりを象徴する迷シーン」として語り継がれているようだ。


123
こんな記事も読まれています

トップは沢村一樹『DOCTORS』、“死亡オチ”が波紋『○○妻』、今世紀最低の『保育探偵』……冬ドラマ総まとめのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

オタク議員・荻野稔氏辞職へ

続々と最終回を迎えている冬ドラマ。ほぼ出そろった視聴率を、ランキング形式で振り返ります。...
写真