日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「浪速のエリカ様」に本家が異論

“浪速のエリカ様”に本家エリカ様が異論! 「同じ扱いはかわいそう」の声も……

sawajirierika0s413.jpg左=『うえにし小百合 オフィシャルウェブサイト』より/右=沢尻エリカ

 いま政界で最も注目を浴びているのは、“浪速のエリカ様”こと元・維新の党の上西小百合衆院議員だろう。

 同議員は3月13日の衆院本会議を、体調不良を理由に欠席したが、その前日に都内のバーなどを3軒ハシゴしていたことが発覚。男性秘書との“ただならぬ関係”もウワサされ、大阪維新の会の橋下徹代表は、上西議員を除名処分とした。

 同議員は昨年12月の衆院選小選挙区で敗北し、比例代表で復活当選した経緯があり、党を除名処分になったからには、議員辞職するのが筋。


 だが、当の本人は我関せずで、除名についても「エモーショナル(感情的)な処分」と不満顔。週刊誌上では「橋下代表にも、いつもタメ口」「ブランド品を好む」「貯金額を自慢していた」など、上西議員の素顔が次々と暴かれている。

 そうした問題児ぶりを含めて、同議員は“浪速のエリカ様”と呼ばれているが、これに異を唱えるのが本家“エリカ様”こと女優・沢尻エリカの関係者だという。

 沢尻といえば、2007年に主演映画の舞台挨拶で『別に……』と素っ気なく答え、世間のヒンシュクを買った。だが、彼女を知る人物は「当時は彼女も多感な時期で、勘違いされる行動を連発してしまっていた。しかし、今は過去の自分と向き合い、反省し、まるで別人のように穏やかになった。ドラマの撮影現場でも昔はワガママを言っていたが、今は愛想もよく、スタッフ受けもいい。上西議員の政治活動には、国民の税金が注がれている。彼女と沢尻を同じ扱いにするのはかわいそう」と話す。

 上西議員も今回のスキャンダルを受け、反省の色を見せてくれればいいのだが……。

最終更新:2015/04/15 10:00

“浪速のエリカ様”に本家エリカ様が異論! 「同じ扱いはかわいそう」の声も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

いま政界で最も注目を浴びているのは、“浪速のエリカ様”こと元・維新の党の上西小百合衆院議...
写真