日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「歌手」愛川欽也が再注目

亡くなった愛川欽也、歌手活動も話題に「死ね死ねブルース」に驚きの声も

aikawakinya.jpg

 “キンキン”の愛称で親しまれた、俳優でタレントの愛川欽也さんが肺がんのため亡くなったことが16日、明らかになった。享年80。先月7日に『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系)を突然降板し、体調不良がささやかれていたが、妻・うつみ宮土理がそれを否定。しかし、15日には要介護状態であることが報じられるなど情報が錯綜していたタイミングでの訃報に、メディアやお茶の間には衝撃が走っている。


 俳優、声優、タレントと幅広い分野で活躍してきた愛川さん。訃報をきっかけに一部で注目が集まっているのは、その歌手活動だ。1965年に放送開始した『おはよう!こどもショー』(日本テレビ系)では「ロバくん」役を演じるとともに、主題歌も歌唱。73年には、作詞も手がけたファーストシングル「村はずれ」をリリースしている。自身の代表作である映画『トラック野郎』シリーズの主題歌で、主演の菅原文太と歌った「一番星ブルース」は、映画とともにヒットを記録した。

 愛川さんの歌について、ネット上では「ロバくんの歌が脳裏に焼き付いてる世代は多いはず」「『うつむいて歩こう』は哀愁を帯びた好きな歌の一つで、よく聞きました」などのコメントが見られる。また、ロックバンド、ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬は「歌手キンキンも素晴らしかった」というコメントともに、「これが自由と言うものか」「ルンペン・ブルース」などを紹介している。

 そんな中、特に話題になっているのは、75年の「死ね死ねブルース」だ。タイトル通り“死ね”という言葉が散りばめられ、「なんとなく生きてたお前死ね」「男と女ちょっとの違いで死ね どして揉めるの死ね」など過激なフレーズも多い。“お茶の間のキンキン”だけを知るネットユーザーからは「こんなの歌ってたの!?」という驚きの声も上がっているが、「笑える」「逆に元気が出る」と評判だ。R&Bを意識した歌唱法も雰囲気があると評され、ファンの間では名作として語り継がれている。

 同曲が収録されたLP『欽也一夜物語』はCD化されておらず、中古レコードショップでは高値で取引されている。愛川さんの功績を振り返るという意味で、CDのベストアルバムが発売されることがあるかもしれない。

 愛川さんの遺作となる映画『満州の紅い陽』は、18日から公開。自身で主演・監督・脚本を務めており、17日の『とくダネ!』(フジテレビ系)では「初日舞台挨拶に立ちたい」という意思があったと報じられた。長年、芸能界の第一線を走り続けてきた愛川さんは、最期まで“ファンを喜ばせる”という意識を持っていたようだ。その功績を称えるとともに、哀悼の意を表したい。
(文=近藤由佳)

最終更新:2015/04/18 08:00

亡くなった愛川欽也、歌手活動も話題に「死ね死ねブルース」に驚きの声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

成田凌の取材態度が悪すぎ?

 目覚ましい活躍が続く俳優・成田凌。人気シリ...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

“キンキン”の愛称で親しまれた、俳優でタレントの愛川欽也さんが肺がんのため亡くなったこと...
写真