日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 井上真央の「力不足」発言が裏目

視聴率惨敗中のNHK大河『花燃ゆ』、井上真央の「私の力不足」発言がバッシングを加速させる!?

inouemao1204.jpg

 放送中のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の試写会が20日に行われ、東京・渋谷のNHK放送センターに主演で久坂文役の井上真央と、久坂玄瑞役の東出昌大が出席。同作の低迷ぶりについて、井上が自責の念を口にした。

 同作は1月、初回平均視聴率16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)という、大河史上最低レベルの低視聴率でスタート。以降、さらに落ち込みをみせ、今月12日の放送で9.8%を記録。3年前の『平清盛』以来の2ケタ割れとなった。

 井上は、集まった報道陣に対し「いろんな原因があると思いますが、主演である以上、私の力不足ですとしか言えない」と胸中を告白。続けて「ともあれ、現場は進んで行くので、落ち込んだり、腐ったりしては迷惑をかけてしまう。やり切るしかないと思います」「この作品をやると言ったからには、それなりの覚悟を決めてやっています。あまりいじめないで、お手柔らかにお願いします」と語った。

 一方、東出は「視聴率は翌日には記事になってしまう」と、ネガティブな記事による視聴率への影響を気にしながらも、「記事に左右されず観ていただいて、評価していただけたら」と呼びかけた。

 今回の井上のコメントに対し、ネット上では「あ~あ、真央ちゃんのせいじゃないのに」「いやいや、誰が主演でもダメだから」「題材が地味だからでしょ」「企画の時点で失敗してる」「大河は撮影期間が長いから、低視聴率の場合、主演の人は本当にかわいそう」と、同情的な書き込みが相次いでいる。

「開始当初から、企画や脚本にバッシングが相次いでいる『花燃ゆ』ですが、キャストの演技を酷評するような声はあまり見られず、井上が責任を感じる必要がないのは明らか。今回、謙虚な姿勢をみせた井上の好感度が上昇したのと同時に、井上への同情票が転じて、ますますNHKや、制作側へのバッシングが強まりそう。ドラマは関係者が一丸となって作るものであり、主演女優の責任ということはありえない。そのことは、井上も本心ではわかっているでしょうが、ドラマのことを思えばこそ、今回の発言をするべきではなかった」(テレビ誌記者)

 5月3日放送の第18回「龍馬!登場」から、第2章に突入する『花燃ゆ』。文の兄・吉田寅次郎役の伊勢谷友介は、先日のクランクアップ会見で「ちゃんと見ている人には、伝わっていると思う。10%もあれば十分。これから闘いだらけになるので、数字が上がるかも」と期待を寄せていたが、果たして幕末の動乱期が描かれる第2章で、起死回生はみられるだろうか?

最終更新:2015/04/20 16:06
こんな記事も読まれています

視聴率惨敗中のNHK大河『花燃ゆ』、井上真央の「私の力不足」発言がバッシングを加速させる!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政が再会を願う女優

放送中のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の試写会が20日に行われ、東京・渋谷のNHK放送センタ...
写真