日刊サイゾー トップ > 芸能  > 3P流出の伊藤英明がドラマ復帰

キムタクが番宣に奔走、“3P乱痴気”伊藤英明が復帰、フジ社長が「低迷の原因はドラマ」発言……春ドラマ初回ランキング

 この春スタートした連ドラの初回ラッシュも、ひと段落。第1話の視聴率をランキング形式で振り返ります。

キムタクの“視聴率神話”は健在!?

kimura0815_200.jpgガッツポーズ!

 初回の平均視聴率のトップ10は以下の通り(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

1位『アイムホーム』(テレビ朝日系/木曜21時~)16.7%
2位『天皇の料理番』(TBS系/日曜21時~)15.1%
3位『Dr.倫太郎』(日本テレビ系/水曜22時~)13.9%
4位『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系/月曜21時~)13.0%
5位『ドS刑事』(日本テレビ系/土曜21時~)12.7%
6位『アルジャーノンに花束を』(TBS系/金曜22時~)11.5%
7位『三匹のおっさん2』(テレビ東京系/金曜20時~)11.0%
8位『警視庁捜査一課9係 season10』(テレビ朝日系/水曜21時~)10.9%
9位『心がポキッとね』(フジテレビ系/水曜22時~)10.4%
10位『医師たちの恋愛事情』(フジテレビ系/木曜22時~)10.3%

 トップは、テレ朝連ドラ初主演のSMAP・木村拓哉が、父親役でホームドラマに挑む『アイムホーム』。初回の16.7%は、キムタク主演の連ドラ初回史上、最低。しかし、今クールにおいては、今後も独走が期待されている。

 キムタクは放送前、いつになく番宣に奔走。同局の『SmaSTATION!!』『パネルクイズ アタック25』『林修の今でしょ!講座』『世界フィギュアスケート国別対抗戦2015』と、放送直前まで駆けずり回る姿に、他局のスタッフも「あのキムタクが……」と驚きを隠せないという。

 また、主人公の妻役を演じる上戸彩の“巨乳ぶり”が話題に。特に第2話の終盤、上戸はノースリーブの純白ワンピース姿で登場。小玉スイカか、はたまた冬瓜ほどはありそうな“こんもりバスト”で、視聴者の度肝を抜いた。

 2位の佐藤健主演『天皇の料理番』は、半年の撮影期間をかけ、海外ロケに多大な制作費を投じるなど、TBSが社運を賭ける大作ドラマ。初回放送日の『アッコにおまかせ!』では、番宣に訪れた佐藤と鈴木亮平が、激辛カレーを食べるゲームで勝利。負けた和田アキ子が、罰ゲームとして棒読みで番宣コメントをつらつら読み上げるという、ヒヤヒヤする一幕も。


123
こんな記事も読まれています

キムタクが番宣に奔走、“3P乱痴気”伊藤英明が復帰、フジ社長が「低迷の原因はドラマ」発言……春ドラマ初回ランキングのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

山田ルイ53世インタビュー

この春スタートした連ドラの初回ラッシュも、ひと段落。第1話の視聴率をランキング形式で振り...
写真