日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > とくダネのツイッターがまた炎上

『とくダネ!』公式Twitterに「何様のつもりだ」炎上→謝罪……テレビ界とネットは相性最悪!?

tokudane0626.JPGフジテレビ公式サイトより

 小倉智昭がアンカーを務める朝のワイドショー『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)の公式Twitterに批判が殺到し、謝罪する騒ぎがあった。

 29日、東北新幹線が停電で4時間半にわたり運転を見合わせる事態が発生。これを受け、『とくダネ!』公式アカウントは同日、立ち往生に居合わせた複数の一般人に向けて「東北新幹線運転見合わせの取材を進めてます。投稿された写真を放送で使用したくご連絡しました。お手数ですがフォローの上DMにて相談させて頂けませんか?」といったメッセージを送信。また、「また当番組から取材を受けた等の投稿は遠慮していただければと思います。よろしくお願いします」と続けた。

 この追記に対し、「何様のつもり?」「公式Twitterで何言ってんだ?」「身勝手すぎる」と批判が相次いだため、問題のツイートを削除。さらに、「先ほどのツイートで、みなさまから様々なご指摘を受けました。失礼いたしました。現在、東北新幹線運転見合わせの現場で取材を進めていますが、みなさまからの情報・映像提供でさらに、事故詳細を明らかにしたいと思っています。今後もよろしくお願いします」と謝罪もそこそこに、取材協力への理解を促した。

 『とくダネ!』は以前より、一般人に対し同様の依頼方法を頻繁に用いており、実際に一部を番組内で使用。テレビ業界を見渡せば、このような取材はさほど珍しくないが、今回は「取材を受けた等の投稿は遠慮して」との見慣れない一言が、人々から反感を買ってしまったようだ。

 『とくダネ!』の公式Twitterといえば、昨年6月に「本日放送の番組内にて、○○様がご投稿された道頓堀に飛び込む人の画像を使用させていただきます。何かありましたら、ご連絡下さい」と一方的なメッセージを送り付け、批判が殺到。この時も、問題のツイートを削除し、今後について「Twitterに投稿する文についてはより精査してまいります」などとコメントしていた。

「以前から指摘されている、テレビ業界とインターネットの相性の悪さが露呈した騒動といえそう。ネット民にとって大メディアであるテレビ番組の“粗”は格好のネタ。『とくダネ!』公式Twitterの言葉足らずな点も少々問題ですが、こういったアカウントはすぐに言葉尻を捉えられ、炎上に発展しがち。特に今回は、ネットバッシングが相次ぐフジテレビである上、小倉の発言がたびたび物議を醸す『とくダネ!』。ネット民から特にチェックされている番組といえます」(芸能記者)

 再びのツイートの削除と謝罪を行った『とくダネ!』。テレビ業界が、ネットユーザーとわかり合える日は訪れるのだろうか?

最終更新:2015/04/30 16:58
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed