日刊サイゾー トップ > 芸能  > 萩原さん死亡事故に、隠ぺい工作か

萩原流行さん死亡事故で警察車両関与を「伏せられないか」“隠ぺい工作”の形跡も……

hagiwaranagare043s0.jpg『縁切り闇稼業 芸能界秘密パーティの陰謀』(株式会社オールイン エンタテインメント)

 俳優の萩原流行さんが4月22日に事故死して1週間以上が経過したが、依然としてその真相は闇に包まれている。

 東京都杉並区の青梅街道(片道3車線)で、左レーンの高井戸署の護送車が中央レーンへ車線変更しようとした際、中央レーンを愛車のハーレーダビッドソンで走行していた萩原さんがなんらかの原因で転倒し、右レーンへ滑走。後続車にひかれ、心房破裂で死亡した。


 この事故死をめぐって、マスコミ内では警視庁の対応が大バッシングを浴びている。「警察の事故関与を隠蔽しようとしたのでは」と、ささやかれているのだ。

 22日深夜、捜査当局が一般紙・テレビの社会部記者たちへ取材対応(レクチャー)した際、護送車を単に「ワンボックスカー」と発表。ところが翌23日、護送車だったと公表し、警察の事故関与が浮上した。

「事故現場にあったワンボックスカーには、明らかに車内に格子があった。22日の事故直後から、“護送車ではないか”とウワサになっていました」とワイドショー関係者。一般紙社会部記者も、こう激怒する。

「22日深夜にレクに顔を出した記者たちによれば、当局は『ワンボックスカーのドライバーと、ひいた車のドライバー、2名はいずれも身柄を確保した』と言うんです。記者たちが『ワンボックスカーではなく、護送車では?』とツッコんでも、当局は口ごもる。身柄を確保したなら、絶対に職業は聞く。にもかかわらず、護送車とすぐに発表しなかったのは、警察の関与を隠ぺいしようとしたかったからじゃないか。この対応は、まったくもって意味不明です」

 事故現場の実況見分も、異例の大規模なものだった。

「本庁の交通捜査課まで出動して、総勢40人ほどで実況見分。事故発生から6時間くらいかけて、入念に調べていた。当局は当初から護送車の関与がわかっていて、なんとかその事実を伏せられないか躍起になって捜査していたといわれています」(前出ワイドショー関係者)

 関係者によると、萩原サイドは「この事件で死亡したのが萩原じゃなく、一般人であれば、警察は護送車の関与をもみ消していたはず。萩原という芸能人だったからごまかせず、事故翌日になって護送車の関与を公表したと思う」と不信感を抱いているという。

 1週間たっても、事故の真相は謎のまま。護送車が具体的にどのように関与したのかは公表されない。前出一般紙社会部記者は「“死人に口ナシ”で、萩原さんの過失に比重を置き、護送車のドライバーを『停職』くらいでこっそり片づけるのではないか」と、いぶかしんでいる。このままでは、萩原さんが浮かばれない――。

最終更新:2015/05/01 10:00

萩原流行さん死亡事故で警察車両関与を「伏せられないか」“隠ぺい工作”の形跡も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教える自然災害×コロナ回避法

俳優の萩原流行さんが4月22日に事故死して1週間以上が経過したが、依然としてその真相は闇...
写真