日刊サイゾー トップ > 芸能  > 裁判ドロ沼化で西山茉希ヌードも?

加護亜依・高岡早紀らの「セックス映画詐欺裁判」ドロ沼化で西山茉希がヌード弁済も?

nishiyamamaki0520.jpg『西山茉希 ファースト写真集』(ground)

 映像制作会社G社がモデルの西山茉希が所属している事務所社長I氏を訴えた裁判が、4月27日から審理差し戻しで再び地裁で争われている。

 訴訟内容を見ると、高岡早紀、元モーニング娘。の加護亜依、ソニンのほか、仲村みう、森下悠里らが主演の映画・DVD契約をめぐって、G社がI氏に支払った出資金や二次使用権料の返金を求めている。映画関係者が語る。

「I氏からG社にソニンと加護、それぞれ1億円で初ヌードでセックスシーンもあるという映画の話が持ちかけられた。大手メーカーの立ち会いのもとI氏と話し合いを進め、ヌードも濡れ場も大丈夫ということで交渉が進んだ。さらに、加護の映画話と並行して、今度は『森下悠里は映画を1本撮れば必ず2本目で脱ぐから』『高岡早紀の乳首が見える、ほぼアダルトビデオのような激しい性交シーンを収録する』などと、次々に契約を持ちかけられ、合計で約1億7,000万円がI社長に支払われた。ところが、契約後も一向に実行に移されないため、G社は出資金などの返済を求めて東京地裁に訴えたのです」

 それにしてもなぜ、G社はこれほど巨額な金を出資し続けたのだろうか。

「I氏は、西山さんの所属する事務所の社長で、高岡のヌード写真集を手がけたプロデューサーのひとり。だから信用されたのです。G社は刑事告訴も辞さない構えで、窮地に追い込まれたI氏が西山のヌードで返済する可能性もあります」(業界関係者)

 果たして、西山は社長のためにひと肌脱ぐのか?

最終更新:2015/05/21 12:00

加護亜依・高岡早紀らの「セックス映画詐欺裁判」ドロ沼化で西山茉希がヌード弁済も?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

M-1予選で注目浴びた赤もみじ

映像制作会社G社がモデルの西山茉希が所属している事務所社長I氏を訴えた裁判が、4月27日...
写真