日刊サイゾー トップ > 芸能  > 島田紳助の“セクハラ伝説”とは

明石家さんまも「言うたらあかん」と閉口した島田紳助の“セクハラ伝説”とは――

shinsuke0525s.jpg

 お笑い芸人の明石家さんまが、23日放送のバラエティー番組『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、禁断の紳助ネタを炸裂させた。きっかけは、共演した雨上がり決死隊・宮迫博之が、このところ話題の、さまぁ~ず・三村マサカズのセクハラ騒動に言及したことだった。

 これを聞いたさんまは目を輝かせ「紳助なんかは、よく……」と回想。直後に「あっ、言うたらあかんねん」と焦った様子で口元を手で隠した。


 すかさず宮迫が「名前を出しても全然問題ないですから」とフォローを入れたが、スタジオは大爆笑。さんまは「あかんあかん! あぁ~、言うてしもうたわ」と、いつもの調子だった。さんまも口をつぐんだ“紳助伝説”とは――。ある放送作家の証言。

「三村さんはアイドルの乳を揉んだレベルで大バッシングされていましたが、紳助さんは、その比ではなかったですね(笑)。もう時効なので言いますが、紳助さんの番組に出演した某女優は『ノーパンで出ろ』と命令されたり、番組の休憩時間に堂々と『この後、どや?』と口説かれたそうです。当時の紳助さんには誰も逆らえなかったので、周囲も見てみぬフリ。あるクイズ番組では司会者席の下で女性MCを触りまくっていたなんて話もあります」と明かす。

 紳助の“共演者食い”は半ば都市伝説化しているが、それらをさんまはテレビ局員から常々聞いていたと思われる。

「さんまさんは芸能界きっての情報通。それでも紳助さんのセクハラ話に触れるとは思いませんでしたが……」とは芸能プロ関係者。さんまはかつてラジオ番組で紳助の存在が忘れ去られぬよう、定期的に「紳助」の名前を出すことを誓っている。

 今回は少々手荒かったが、これもさんま流の“友情表現”なのかもしれない。

最終更新:2015/05/25 12:00
こんな記事も読まれています

明石家さんまも「言うたらあかん」と閉口した島田紳助の“セクハラ伝説”とは――のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

「パパ活」アプリ利用者の実態

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017年)のヒット以後、「パ...…
写真