日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小雪の圧倒的な“空気の読めなさ”

「親になって初めて人間にさせていただいた」で大炎上! 小雪の圧倒的な“空気の読めなさ”

koyuki0527.jpg

 2003年に映画『ラストサムライ』でハリウッドに進出し、その後もドラマや映画で活躍している小雪。夫である俳優の松山ケンイチとの間にはすでに子どもが2人。現在、第3子妊娠中で、出産予定は7月だという。先頃、映画『杉原千畝 スギハラチウネ』の製作報告会見に登場した彼女が発言したあるコメントが、何やらネット上を騒がせている。


「親になって初めて人間にさせていただいた」

 前後の文脈がないと、一部の人にはとてつもなく攻撃的なコメントに映るだろう。要は、劇中で演じた役も3人の子どもがいる設定で、自身も3人目を妊娠し、だんだんと人間的に成長できている、ということを伝えたかったようだが、これをネット民が見逃すはずはない。「子どもを産んでない人は人間じゃないってこと?」「出た、マタニティハイ」「不妊の人への配慮とかないわけ?」と、大炎上。会見には女優の山口智子と結婚したが、子どものいない俳優の唐沢寿明も出席していたため、「もしかしたら唐沢さんのとこだって、欲しかったけどできなかったかもしれないのに……」と、唐沢にとっては迷惑極まりないとばっちりを受ける始末。

 そもそも小雪は、暴言や失言の宝庫。イベントに出席した際に、日食の起こる前日にもかかわらず「見ました」と知ったかぶりをして周囲を唖然とさせたり、第2子の出産は韓国の産後調理院を選ぶも、そこでVIP待遇を要求し、拒否されると支払いを済ませず転院するなど、さすが“ハリウッド大女優”な振る舞い。しかし、とある芸人に「楽屋の加湿器を持ち帰った」と暴露されるなど、本人の横柄な態度に加え、なぜかセコいという致命的なイメージまでついてしまったのだ。

 ここまでくれば、どう弁解しても無駄だろう。イメージ回復のためには、だんまりを決め込んだほうが得策だ。「親になって初めて人間にさせていただいた」発言は、常に“大女優”の彼女からしてみると相当にへりくだった言い方でイメージ回復を狙ったわけだが、あちらを立てればこちらは……というふうに、主に未婚、不妊の人々から猛バッシングを浴びる結果に。美貌もプライベートの幸せもつかんだ“大女優”小雪に欠けている唯一のものは、“空気を読む”という、ごくごくシンプルなことなのかもしれない。

最終更新:2015/05/28 08:00

「親になって初めて人間にさせていただいた」で大炎上! 小雪の圧倒的な“空気の読めなさ”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

2003年に映画『ラストサムライ』でハリウッドに進出し、その後もドラマや映画で活躍してい...
写真