日刊サイゾー トップ > スポーツ  > ハリルのメンタルが弱すぎる!?

意外と弱いハリルのメンタル……サッカー日本代表が失った“勝利よりも大事な物”とは?

hariru0617.jpg

 今月16日、サッカー日本代表はシンガポール代表と埼玉スタジアムでロシアW杯アジア2次予選の初戦を戦った。下馬評では圧倒的に日本有利だったが、ホームでまさかの0-0ドロー発進。シュート数では23-3と圧倒したものの、またしてもゴールが奪えずに終わってしまった。永遠の課題である“守備的な相手に対してどう点を取るか?”この問題をハリルホジッチ監督は、どんな戦術で解決しようとしたのだろうか?

「後半のハリルの采配は、正直楽しみでしたね。今までの監督たちが手を焼いてきた日本の長年の課題でしたから。ハリルならどうするのか期待していたんですが、ビックリしましたよ。FWを並べるだけの子どもみたいな戦術を披露したんですから。あんなものテレビゲームでしか見たことないです。この試合の直前にフォーメーション確認の非公開練習がありましたが、あんなフォーメーションは練習してないはずです。焦ってしまったんでしょうか」(スポーツライター)

 そのフォーメーションとは、宇佐美、岡崎、大迫、本田を前線に並べて、その後ろに本来FWである原口を配置したもの。結果ペナルティエリアは渋滞し、スペースがなくなりゴールは遠くなった。このフォーメーションを使ったハリルに対し、一部のファンの間では勝利よりもある“大事な物”を失ってしまったと、落胆の声が上がっているという。

「正直言って、いくら攻めても点が取れない時っていうのはあるんです。これは日本に限らず海外の強豪国でもよくあること。今回の引き分けで本当に問題視すべき点というのは、ハリルの“小物ぶり”です。ハリルの今までのイメージは、強気で絶対的に自分を持っている、いわばカリスマでした。日本に足りないものを埋めてくれる監督として、みんなが期待していました。しかし、点が取れないことに取り乱してワケのわからない交代策を取ってしまったハリル。これにファンは『なんかガッカリだ……』『どうやら我々は騙されていたらしい』『勝利よりも、ハリルのカリスマ性が失われたことが残念だ』と今後を不安視する声が上がっています」(同ライター)

 シンガポールという格下相手にドロー発進してしまったハリルジャパンだが、ロシアW杯に行けなくなったわけではない。失ってしまったカリスマを取り戻すには、まだまだ十分な時間もある。たった一試合で悲観的にならずに、もう少しハリルホジッチという監督を見守って行きたい。
(文=沢野奈津夫)

最終更新:2015/06/17 17:00

意外と弱いハリルのメンタル……サッカー日本代表が失った“勝利よりも大事な物”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

青木真也×cherry chill will

 去る10月13日(日)、両国国技館にて開催された格闘技の祭典『ONE: CENTU...
写真