日刊サイゾー トップ > 芸能  > 熊切あさ美にAVオファー!?

芸能界から総スカン! 家賃を払えない熊切あさ美に「1本5,000万円」AVオファー殺到中!?

kumakiri066ss22.jpg『堀江貴文×熊切あさ美の恋愛対談 – 2015/06/16』ニコニコ生放送より

 16日に東京都内のスタジオで、元ライブドア社長の堀江貴文氏とニコニコ生放送『堀江貴文×熊切あさ美の恋愛対談』に出演した熊切あさ美。

 同番組では堀江氏から、片岡愛之助との“別離騒動”の核心について聞かれると、今月5日「とっくに終わってます」と“破局宣言”した愛之助に対し、「いくら私でも別れ話が出たらわかる」と、改めて別れ話が出ていなかったことを主張。しかし、番組終了後、トークイベントに出演した堀江氏に「いきなり泣き出した。たぶん、作り泣きだと思う」とバッサリぶった切られた。熊切にとって、あまり出演のメリットはなかったようだ。


「番組終了後、『スポーツニッポン』の独占取材にも応じていたが、そこでも涙を流していた。熊切にとって泣くことぐらい朝飯前で、堀江氏には簡単に見破られてしまった。ここに来て、熊切の記事は、以前から熊切の恋愛相談に乗っていた熟年芸能ライターのX女史が、一連の報道を仕掛けていることも明らかに。X女史が記事を振っている媒体の(熊切の知人)などと書かれたコメントは、熊切本人のコメント。ただ、熊切は以前から自分に都合がいいようにウソをついたり、“虚言癖”で周囲を振り回すところがあり、それで事務所を転々としている。愛之助との“秘め事”は2人しか知らないことで、愛之助が口を閉ざす今、熊切は“言ったもん勝ち”の状態。このままだと、好感度が上がるはずがない」(芸能デスク)

 そんな背景もあってか、愛之助は騒動の渦中だった今月9日に大阪市内で行われたトークイベントで「死ぬまでに真実を本に書きますよ」と、本音とも思える発言で笑わせたが、熊切は今後、芸能界以外のフィールドでの活躍が求められることになりそうだ。

「ニコ生の番組のエンディングでは、化粧をしている時とほとんど変わらないすっぴん姿を堂々と披露。年齢の割には、グラビアでも活躍していた若いころとあまり変わらない見事なスタイルをキープしているが、業界関係者の間では、すでにいろいろなパーツを“工事済み”ともっぱらのうわさ。大手芸能プロの所属時、今は同プロの役員となった担当者にいろいろ不義理をしてしまい、そのことが業界に知れ渡っているので、今後もテレビのオファーはなさそう。それよりも“崖っぷちアイドル”を名乗ってから殺到している、AVデビューのオファーをめぐって各社の争奪戦が激化しそう。今の熊切なら、AVでは破格とも言える、1本5,000万円クラスのギャラが提示されそう。愛之助との同居解消で、28万円の家賃を払う当てがないことを打ち明けた熊切だが、今後は一転セレブ生活か」(芸能プロ関係者)

 今後は別の意味での“露出”が増えるかも!?

最終更新:2015/06/22 20:00

芸能界から総スカン! 家賃を払えない熊切あさ美に「1本5,000万円」AVオファー殺到中!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

16日に東京都内のスタジオで、元ライブドア社長の堀江貴文氏とニコニコ生放送『堀江貴文×熊...
写真