日刊サイゾー トップ > 芸能  > 永井美奈子、局アナ時代から高飛車

大炎上の永井美奈子、日本テレビ局アナ時代からの高飛車ぶり「タレント気取りで……」

dora075s46854.jpg「いつまでもそばにいて」(バップ)

 元日本テレビのアナウンサーだった永井美奈子に、バッシングが集中している。

 7月6日に放送されたバラエティ番組『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ系)に出演した永井が、9歳年上の司会者、小堺一機に対して敬語も使わず、ソファーにふんぞり返った態度が、視聴者から不快感を示されているのだ。

 中には「かつてのアナ時代とはあまりに違う」という声もあるが、それは間違いだろう。確かに彼女は日テレ時代、同僚の薮本雅子、米森麻美とアイドル歌手ユニット「DORA」を結成し、局の40周年記念キャンペーンソングを歌ったアイドルアナだったが、その本性は可憐で純朴なイメージのアイドルではなく、上昇志向の塊だったという。実際、スポーツ紙に「タカビー女」と書かれたことは何度もある。

 永井は女子アナ時代、アイドル人気に気をよくしたか、「次第にアナウンサーとは思えない派手な化粧と服を着て、局内を闊歩するようになった」とは当時のプロデューサーの話。

「タレント気取りで、本来は優先させなければならない芸能人と同じタイミングでメークルームに入って、アナウンサーがやるべき実務も後輩にばかりやらせるようになった」(同)

 その大物タレントのような振る舞いを、ある文化人がスポーツ紙で暴露したこともあった。そんな永井への嫌悪感が局内に充満、元アナウンス部長の石川牧子は、その反動で永井と正反対の地味なタイプとして、河合彩を採用したというエピソードもあるほど。


12

大炎上の永井美奈子、日本テレビ局アナ時代からの高飛車ぶり「タレント気取りで……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ビートたけし、裏の素顔

 レギュラーを務めるTBS系情報番組『新・情...…
写真
インタビュー

瓜田純士、田代まさしに去勢を提案!?

元日本テレビのアナウンサーだった永井美奈子に、バッシングが集中している。 7月6日に放送...
写真