日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『デスノート』ミサミサ役に指摘

『デスノート』ミサミサ役・佐野ひなこに「ブサブサ」の大合唱……テレビ映りの悪さは、女優として致命傷か

sanohinako0713.JPG『晴れのちツインテール』(飛鳥新社)

 連続ドラマ『デスノート』(日本テレビ系)にヒロインの弥海砂役で出演中の佐野ひなこ(20)に、「グラビアと顔が違う」との指摘が相次いでいる。

 佐野といえば、「ホリプロスカウトキャラバン2012」のファイナリストに選ばれたことをきっかけに芸能界入りし、表紙を務めた写真集『晴れのちツインテール』(飛鳥新社)で「美少女すぎる!」と話題に。2013年7月に「週刊ヤングマガジン」(講談社)でグラビアデビューして以降は、癒し系の笑顔とウエスト51センチのクビレボディを武器に、数々の有名雑誌で表紙を飾ったほか、昨年10月に発売された1st写真集『Hinako』(講談社)は2万部を超える大ヒットを記録した。

 そんな順風満帆な佐野だが、『デスノート』に登場すると、ネット上では「ブサイク」「ケバすぎる」「顔パンパン!」と容姿に対しネガティブな声が殺到。弥の愛称“ミサミサ”をもじり、「ブサブサ」などと揶揄されている。

「佐野は、業界内でも“グラビア映え”することで有名。映像だと膨張して見える丸顔も、静止画になるとなぜかシャープに。また、化粧映えする顔立ちのせいか、映像だとケバい印象に。これには、彼女を女優として売り出し中の事務所サイドも、頭を抱えているようです」(雑誌編集者)

 昨年1月、それまでグラビアを中心に活躍していた佐野が、情報バラエティ番組『アッコにおまかせ!』(TBS系)に出演すると、ネット上では「こんな顔だっけ?」「思ってたのと違う」「太ってる?」との声が殺到。また、連続ドラマ『水球ヤンキース』(フジテレビ系)や『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)に出演した際も、同様に「グラビアと顔が違う」との指摘が相次いだ。

 グラビアアイドルとして大ブレークを果たした佐野だが、女優として「ブサブサ」から抜け出すことはできるだろうか?

最終更新:2015/07/13 23:00
こんな記事も読まれています

『デスノート』ミサミサ役・佐野ひなこに「ブサブサ」の大合唱……テレビ映りの悪さは、女優として致命傷かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

連続ドラマ『デスノート』(日本テレビ系)にヒロインの弥海砂役で出演中の佐野ひなこ(20)...
写真