日刊サイゾー トップ > 芸能  > けん玉演歌歌手、早くも紅白内定か

早くも『紅白』出場内定! “けん玉演歌歌手”三山ひろし「バーニングの猛プッシュで」

kendamakashu07s15.jpg「お岩木山/祝い川」(日本クラウン)

 NHK『紅白歌合戦』の出場メンバーが決まるのは年末が近づいた11月ごろの選考会で、というのは表向きの話。実際にはそれよりはるかに早い段階で「内定」が決まるといわれており、この夏に早くも出場が内定したとささやかれるのが、けん玉演歌歌手として売り出されている三山ひろしだという。

 NHK関係者によると「バーニングの猛プッシュで、夏から秋にかけて大々的な露出があり、“話題の人気歌手”という地固めをしてから初出場を決める流れになりそう」という。

 ステージでけん玉を披露しながら歌う三山は最近、情報番組などに連日露出。スポーツ紙でも扱われることが増えており、バーニングプロダクションによるゴリ押しという話も納得の状況だ。

 三山は2007年の日本クラウンによる新人オーディションで準グランプリとなり、09年のデビュー曲「人恋酒場」がヒット。12年に発売された5枚目のシングル「男のうそ」はオリコン演歌チャート1位となっているが、一般的な知名度はさっぱり。2年前から始めたというけん玉で二段を取得すると、歌いながらけん玉を披露する「けん玉演歌歌手」として売り出されるようになったが、世間がそれに食いついている印象はない。


12

早くも『紅白』出場内定! “けん玉演歌歌手”三山ひろし「バーニングの猛プッシュで」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

セブン「ぷるっぷる葛メロン」で昇天

1年間に5000品超の新商品が並んでいる日本のコ...…
写真
インタビュー

ラッパーPablo Blastaインタビュー

NHK『紅白歌合戦』の出場メンバーが決まるのは年末が近づいた11月ごろの選考会で、という...
写真