日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > セクシー自叙伝の上西議員が出馬へ

タレントにはならない! セクシー自叙伝出版の上西小百合議員が玉砕覚悟の出馬へ

uenishinew.jpg『小百合』(双葉社)

 “浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員が、玉砕覚悟で突っ走っている。上西氏といえば、今春の“国会欠席騒動”で所属していた維新の党を除名処分に。先の総選挙で比例当選していただけに、誰もが議席を返上するかと思ったが、それを固辞し世間の大ヒンシュクを買った。

 こうなるともう開き直るしかない。最近は“タレント議員”として、TBS系『サンデー・ジャポン』に出演し、今月18日にはフォト自叙伝『小百合』(双葉社)を出版予定だ。

 同書では胸元をあらわにしたドレス姿や、プールでずぶ濡れになるセクシーショットも披露しており「自叙伝という名の写真集」と言っていい。これに世間の反応はというと、案の上「税金で本なんか出版しやがって!」「議員を辞めてから出せ」と大ブーイング。かつての“親”である維新の党最高顧問の橋下徹大阪市長も「だれか助言してあげなかったのかなあ。批判を受けるのわかるでしょ。まぁ炎上商法だったら、いいやり方かもしれない。怖いもの見たさで買う人もいるじゃないですか」と述べるしかない。

 だが、当の上西氏は今後も政治家として邁進していくつもりのようだ。スポーツ紙記者の話。

「本人は『この本を読んでもらえれば、誤解はなくなる』と本気で思っているようで、ウワサされる年内解散→総選挙となれば、再び地元大阪から無所属で出馬する気のようです」

 週刊誌などではテレビ出演の多さから「女性版・杉村太蔵を目指しているのでは?」という分析が目立つが、上西氏を知る人物によると「タレントになるつもりは毛頭ないそうです。あくまで政治家として地元の有権者に恩返ししたいそう。収入的にも毎月60万円以上はもらえるし、経費も使い放題。オイシイですからね」と話す。

 総選挙となれば、袂を分かった維新の党が対立候補を擁立することが確実。上西氏の苦戦は間違いないが「本人サイドもそれはわかっており、落選もやむなしの考え。それでも注目候補として話題にはなるし、ある程度の票数を取れば、それを武器に“今後もいろいろ動くことができる”と考えているようです」(同)。

 世間から「KY」とそしりを受けても、上西氏は彼女なりにビジョンがあるようだ。

最終更新:2015/08/11 20:00

タレントにはならない! セクシー自叙伝出版の上西小百合議員が玉砕覚悟の出馬へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

菅野美穂の“バラエティ体幹”とリアリティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

瀧澤謙太、RIZIN初参戦インタビュー

“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員が、玉砕覚悟で突っ走っている。上西氏といえば、今...
写真