日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > HEAT2.8%で思わぬ展開

“今世紀最低”EXILE・AKIRA主演『HEAT』をも下回る『ピーマン白書』って!? 35年前の学園ドラマが話題

akira0729.jpg

 11日に放送されたEXILE・AKIRA主演連続ドラマ『HEAT』(フジテレビ系/火曜22時~)の第6話が平均視聴率2.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。“自己ワースト”を更新したと同時に、テレビ東京を除く民放プライム帯連ドラにおいて、川口春奈主演『夫のカノジョ』(TBS系/木曜21時~)の3.0%を下回り、“今世紀最低”となった。

 同作は、AKIRA演じる不動産会社のエリートビジネスマン・タツヤが、街を買収するために素性を隠し、消防団に入団する人間ドラマ。第6話では、就活中の大学生団員・松山(吉沢亮)が不採用続きで消防団に八つ当たりしたことで、団分裂の危機に追い込まれるという展開であった。

「放送前に映画化を発表してしまうなど、もはや地獄絵図と化している同作ですが、ネット上では主役の棒演技ぶりや、脚本のつまらなさなどは語り尽くされた感があり、『何話で打ち切られるか?』『本当に映画化されるのか?』という部分に話題が集中。また、『HEAT』がついに2%台に突入したことで、35年前に歴史的大コケを記録したあるドラマが注目されています」(テレビ誌記者)

 話題の連ドラとは、1980年10月期にフジテレビ系で放送された『ピーマン白書』(土曜20時~)。同作は、校長先生から「おまえたち、小学校からやり直せ」と言われた杉並八中3年3組の生徒25人が、自分たちを受け入れてくれる小学校を求めて旅に出る学園コメディ。ハナ肇や樋口可南子のほか、生徒役には無名時代の高橋克典や、声優の冨永みーならも出演していた。

 ネット上では現在、「『夫のカノジョ』を突破した『HEAT』の次なる壁は、『ピーマン白書』だな」「『ピーマン白書』超えに期待!」「今こそ、『ピーマン白書』を再放送するべき」等の書き込みが相次いでいる。

12

“今世紀最低”EXILE・AKIRA主演『HEAT』をも下回る『ピーマン白書』って!? 35年前の学園ドラマが話題のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

猪木さん「迷わず行けよ、行けばわかるさ」

 今週のホットなニュース・トピックをピックア...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真