日刊サイゾー トップ > 芸能  > 普通の女化した鬼束ちひろに賛否

「あ~和田アキ子殺してえ」発言から3年……“普通の女”に戻った鬼束ちひろ、大人な対応に報道陣が肩透かし

onitsuka0814.JPG鬼束ちひろ公式サイトより

 すっかり毒気が抜けたシンガーソングライターの鬼束ちひろ(34)に、賛否が飛び交っている。

 鬼束は12日、「全日本国民的美少女コンテスト」の音楽部門賞を受賞した新人歌手・花岡なつみ(19)のデビューシングル発売記念イベントに、楽曲提供者としてサプライズ登場。花岡を「エモーショナルで個性的です。うまい!」と称賛し、「自分のデビューのインストア・ライブを思い出し、一緒に裏で歌っていました」と、先輩らしく激励した。

 数年前に奇抜な容姿への激変ぶりが話題となり、Twitterで「あ~和田アキ子殺してえ」「なんとか紳助も殺してえ」とつぶやくなど、問題発言を連発していた鬼束。しかし、この日は白っぽいカットソーに、黒いパンツというカジュアルな出で立ち。ヘアメイクもナチュラルですっきりしており、集まった報道陣に対しても大人な対応に終始した。

「2013年末頃からファンの間では『普通に戻った』と話題になっていた鬼束ですが、中には、いまだに彼女の衝撃発言を期待して集まった記者もいたようで、あまりの普通ぶりに肩透かしをくらっていた。また、イベント中は特に何事も起きなかったため、メディアも、鬼束にあこがれる花岡に対し『私みたいにならない方がいい』と返したやり取りを拾うのが精一杯。いざ、毒気が抜けてしまうと、なんだか寂しいですね……」(芸能記者)

 一方、ネット上では、同イベント時の鬼束に対し「美しい!」「全盛期に戻った」「花岡なつみより、かわいい」と、相変わらずの美貌を絶賛する声も。

 ごく普通の振る舞いが世間をザワつかせている鬼束。狂気に満ちた彼女の姿は、もう2度と見られないのかもしれない。

最終更新:2015/08/14 19:30
こんな記事も読まれています

「あ~和田アキ子殺してえ」発言から3年……“普通の女”に戻った鬼束ちひろ、大人な対応に報道陣が肩透かしのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

すっかり毒気が抜けたシンガーソングライターの鬼束ちひろ(34)に、賛否が飛び交っている。...
写真