日刊サイゾー トップ > 芸能  > 浜崎あゆみに、またブーイング!

「名曲を汚さないで!」浜崎あゆみに、globeファンから大ブーイング! 小室哲哉に失望の声も?

komurotetsuya5426.jpg小室哲哉

 23日の『a-nation stadium fes.』に浜崎あゆみが出演した際、小室哲哉がサプライズ登場。会場内5万5,000人の観客から拍手が湧き起こったのだが、浜崎がglobeの「DEPARTURES」を歌った瞬間、拍手を止める観客の姿が散見された。

 高音部を歌う浜崎の声は明らかに歪み、「無理して歌わないでほしい」「名曲を汚さないで!」と、ネット上ではglobeファンからの批判が絶えないようだ。

「浜崎がデビューした時から、あのキンキンするような高い声が耳障りだという批判はあったのですが、今ではその高い声もかすれがちで、声量は明らかに落ちています。それにもかかわらず、globe最大のヒット作であり、ファンから最も愛されているといわれる『DEPARTURES』を歌ったことに、globeファンからは怒りが噴出したようです」(音楽関係者)

 浜崎の年齢を考慮しない派手なステージ衣装も、globeファンの怒りを逆なでしているようだが、globeファンの怒りの矛先は、浜崎だけでなく小室にも向けられている。

「そもそも、小室が浜崎に『DEPARTURES』を歌う許可を与えてしまったのがいけないのですが、実は去年にも同じようなことが起きたんです。華原朋美がカバーアルバムを出す際に『DEPARTURES』を歌う許可を与えたんです。これには、ファンから抗議の電話やメールが殺到したようです。奥さんであるKEIKOが病床に伏している時に、あろうことか元カノである華原にglobeの名曲を歌わせるなんて……と、その時からファンの間では小室への怒りと失望感が募り始めていたのではないでしょうか」(同)

 KEIKOの体調が思わしくない不安や焦り、寂しさなどがあるのだろうが、ステージ上で浜崎にTwitter投稿用の写真をせがむなど、最近の小室はどこか浮ついているように思える。日本を代表する作曲家らしく、KEIKOへの思いは曲作りに託すべきだと思うのはファンだけではないはずだ。

最終更新:2015/08/25 23:00
こんな記事も読まれています

「名曲を汚さないで!」浜崎あゆみに、globeファンから大ブーイング! 小室哲哉に失望の声も?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

23日の『a-nation stadium fes.』に浜崎あゆみが出演した際、小室哲哉...
写真