日刊サイゾー トップ > 芸能  > 長渕剛10万人ライヴの裏側

富士山の自衛隊演習も! 長渕剛10万人ライヴのカオスすぎる裏側

51IAAftNUQL.jpg「富士の国」(Universal Music)

 8月22日から23日にかけて、富士山麓で行われた「長渕剛 10万人オールナイト・ライヴ 2015 in 富士山麓」は、その圧倒的なスケール感はもちろんのこと、「ヘリコプターの風圧でテントが倒れ、女性2人がケガ」「会場からの帰宅困難者が続出」といったトピックでも話題となり、ネットでは賛否両論が巻き起こっていたが、その裏側もまた想像以上にカオスだったようだ。


 ライヴは22日の夜9時から開始し、翌日の朝6時まで敢行。参加者によると、会場の音響は非常にクオリティが高く、どこにいても長渕の曲が聴こえた上、長渕自身のパフォーマンスも圧巻で、最後まで喉をからすことなくパワフルに歌い終えたという。また、フードコートやトイレ設備も充実していて、思いのほか快適なフェスだったとのことだ。多くの参加者は、規制退場には辟易したものの、初めての開催にしては上出来だったと見る向きもあった。

 しかし一方で、関係者同士でも足並みがそろわないところがあったと、音楽業界関係者は指摘している。

「ライヴには音楽評論家の湯川れい子さんも訪れていて、現場の様子をTwitterで実況していました。彼女の息子は主催するキョードー東京の幹部だから、このイベントを熱心に応援していたのでしょう。しかし、盛り上がっていることを伝えようと『8万人?9万人は入っているのではないでしょうか?』とツイートしていたのは明らかに失敗だったと思います。案の定、ネット上では『10万人じゃねーのかよww』といったツッコミが相次いでいましたね」(同)

 また、23日には陸上自衛隊による国内最大規模の実弾射撃演習「富士総合火力演習」が行われたことを挙げ、「なんともいえない趣きを感じた」と同関係者は続ける。

「ライヴの後半では、ファンたちが日の丸を掲げつつ、安倍首相批判とも取れるパフォーマンスも見られました。その政治的スタンスはさておき、23日には何事もなかったように、会場の裏側である静岡県の東富士演習場で、陸上自衛隊による『富士総合火力演習』が行われていました。日本を代表する山である富士山を挟んで、長渕と自衛隊がともに動いていたのかと思うと、なかなかカオスな2日間だったのではないでしょうか」

 今年開催された数多くの音楽イベントの中でも、とりわけ異彩を放っていた“長渕フェス”。この国における長渕剛の存在感は、ますます大きくなっていくばかりだ。
(文=山下祐介)

最終更新:2015/08/29 08:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

富士山の自衛隊演習も! 長渕剛10万人ライヴのカオスすぎる裏側のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

瓜田純士復帰戦、衝撃の結末!

8月22日から23日にかけて、富士山麓で行われた「長渕剛 10万人オールナイト・ライヴ ...
写真