日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > オネエ系タレントはどこから来る?

今度はGENKING……続々出現する“オネエ系タレント”は、いったいどこから来ているのか

genkingu0904.jpg『GENKING STYLE』(双葉社)

 新たなオネエ系タレントとしてGENKINGがブレーク中だ。もともとは、見た目が美しい美男子キャラとして売り出されていたものの、のちにゲイであることをカミングアウト。さらに、イケメン俳優の“彼氏”と同棲中であったことも明かした。「や~よ」のフレーズでも知られる。

 オネエ系タレントは、常に新たなキャラクターが続々出現している。入れ替わりの激しい芸能界において、これだけ安定供給されているジャンルも珍しい。いったい“彼女”たちは、どこからやって来るのだろうか?

「オネエ系タレントの出身のひとつは“夜の街”ですね。新宿二丁目などには、同性愛者だけでなく、ノンケも飲める店があります。そうした店には業界人が訪れることも多い。彼女たちは、見た目にも気を使っていますし、トーク力も鍛えられている。即戦力のタレントとして、その場でスカウトされるなんて話もあります」(業界関係者)


 元祖オネエ系タレントといえる日出郎も、働いていたお店に遊びに来ていたテリー伊藤に見出され、即デビューが決まったといわれる。はるな愛も芸能界デビュー前は夜の街で働いており、タレント転身後もスナック経営を続けている。女装家として知られるナジャ・グランディーバも、大阪の夜の街出身だ。

「もうひとつのルートとして挙げられるのが、裏方として芸能界に関わっていた人たちです。ヘアメイクやスタイリストなど、ファッション関係者には意外と“オネエ”が多い。その中で見た目のインパクトや、しゃべりが立つ人がピックアップされるなんてこともあります」(同)

 確かにIKKOはヘアメイクアーティスト出身であるし、KABA.ちゃんはdosのダンサーとしてデビューする傍ら、振付師として活躍していた。

 GENKINGは、インターネット上の写真投稿サイトであるインスタグラムから火がついたとされる。一方で自らアパレルブランドを設立し、デザイナー、スタイリスト、ヘアメイクなどの仕事もマルチにこなすなど、裏方出身のオネエといえるだろう。

 突然現れたように見えるGENKINGでも、業界のセオリーには乗っているようだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2015/09/06 08:00
こんな記事も読まれています

今度はGENKING……続々出現する“オネエ系タレント”は、いったいどこから来ているのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

 あけましておめでとうございます。お正月休みには、たっぷり映画を楽しみたいという方が...…
写真