日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 引退藤田伸二元騎手の素顔
騎手人生26年の総収入は24億円!

エージェント批判、暴力団フロント企業との関係、そして芸能活動をする姪……引退を発表した藤田伸二元騎手の素顔

keibajo0546.jpg※イメージ画像

 43歳の若さながら突然の引退を表明した、ダービージョッキー・藤田伸二。ここまで日本ダービーを含むG1レースを17勝、歴代8位となるJRA通算1918勝を記録した、誰もが認める名ジョッキーだ。レースで稼いだ賞金は24億円以上といわれ、『騎手の一分――競馬界の真実』(講談社現代新書)といった著作の多くが競馬界では異例のベストセラーになるなど、武豊騎手に続く人気を誇っていた。

 藤田元騎手が引退を表明したのは、9月6日のレース終了直後。事前にマスコミを含め、JRA(日本中央競馬会)にすら伝えていなかったという前代未聞の引退劇だった。しかし、以前から競馬関係者の拠点である栗東(滋賀県)から、奥さんが雑貨店を経営する札幌へ住居を移すなど引退に向けた準備はしていたようで、関係者の間では「地元の札幌開催が最後だと思った」という声も聞かれていたという。

 そんな藤田元騎手だが、引退にあたり、JRAのエージェント制度を批判したことも話題になった。競馬界の代理人制度ともいわれるエージェント制度とは、騎手に代わって競馬新聞の記者らが厩舎を回り、「どの騎手が」「どのレースで」「どの馬に乗るのか」を決める“慣習”である。藤田元騎手は自身の著作などでもこの制度を批判していたが、現役関係者は冷ややかな目で見ているという。関西の騎手はこう語る。

「もともと優秀なエージェントを雇って、優先的に実力のある馬を手配してもらい、レースに勝利して賞金を稼いでいたのは藤田さん本人。それを今さら批判するのは、正直みっともない。現場から誰も藤田さんに賛同する声が出ないのは、どの口がそれを……と思っているからですよ」

 この騎手が語るように、本人も過去にエージェントを利用し、実力馬に乗ってG1レースを勝つなど、エージェント制度による恩恵があったのは否めない。特に関西所属の藤田元騎手が関東に遠征する際は、そのエージェントが騎乗馬確保に動いており、関東の馬でもG1レースを2勝しているほどだ。

 藤田元騎手のエージェントを務めていたA氏は日本屈指の“敏腕”として知られ、藤田元騎手も多くの馬をこのA氏を通じて確保していたのだ。にもかかわらず今回のような批判をするのは「的外れ」という声も多く、その後エージェント制度に関して内外から声が上がっていないことからも、単に藤田元騎手の愚痴だったと見る向きが多い。


123
こんな記事も読まれています

エージェント批判、暴力団フロント企業との関係、そして芸能活動をする姪……引退を発表した藤田伸二元騎手の素顔のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

立川志らく、落語界からは大酷評

 秋の番組改編で、低視聴率が続く朝の情報番組...…
写真
インタビュー

瓜田純士の夫婦喧嘩が映画で解決!?

43歳の若さながら突然の引退を表明した、ダービージョッキー・藤田伸二。ここまで日本ダービ...
写真